テニスのボレー練習法

私は唯一といって良いくらい、非常に自信を持っているショットがあります。
それは、ボレーです。

初心者の方や上級者の方、テニスコーチからもボレーについてのコツを聞かれるのですが、初心者の方に必ず教える練習方法があるので紹介します。

 

本当は、上級者の方にも非常に効果的だと思うのですが、皆さん多分

「今さらそんな事!」

と内心思っているのか、やってくれません(-_-;)
必ず効果があるのになぁ・・・。

 

その練習法を公開しましょう!いよいよ世にでるときが来ました!!
極秘練習法なのですが。。。いや全然そんな大げさなことではありません。

おすすめボレー練習法

できれば2人組み。壁があれば1人でもできますが、2人組がおススメの練習です。

  1. ラケットを置きましょう。つまりラケットを持ちません。
  2. 相手にボールを投げてもらいます。1人の場合は壁に向かってボールを投げましょう。
  3. 相手から(壁から)投げられたボールをラケットを持つ側の手だけでノーバウンドでキャッチします。
  4. どんな事があっても落としてはいけません。
  5. 落としたら死ぬ位の覚悟です。ボールを爆弾と思ってやります。  爆弾に思えなければ、落としたら腹筋100回しましょう。本気で100回です。

 

以上です。はい???

 

なぜ、これがボレーの練習になるのでしょう?
「ラケットも持たないなんて意味が無い。」

そう思うのが普通かもしれません。

 

この練習法で身につくこと

絶対に落としてはいけないものを片手だけで取ろうとすると、ボールの勢いを殺すために、ヒザをしっかり曲げて勢いを吸収しようとします。

更に、絶対落とせないので手元をしっかり見ます。更に更に、しっかり見ようとするので手と目(顔)が近づきます。

ボレーが苦手な方は、顔とラケットが離れすぎている方が多いです。また足も曲がっていません。

 

この練習をしっかりやれば、ボレーの姿勢が自然と身に付きます。
実際にボレーをやる時も感覚は同じです。

この練習の弱点は、初心者の方にやってもらっても面白みが無いので、長続きしません。
すぐにラケットを握ろうとする。

長い目で見れば、上達の近道なんだけどなぁ・・・。
私は今でも、この練習やってますよ!

特にローボレーが上手くなるので、ファーストボレーの練習には最適です。
重要ポイントは、絶対に落としてはいけない事。絶対に!!!

【関連記事】


reportbanner

コメントを残す