テニスのロブの打ち方

テニスのプロの試合を見ていると、それほど多く使われていないショット「ロブ」ですが、一般レベルの試合だと、試合の流れを変えるようなショットになる事が多いです。

そのロブについて、どういった事を意識したらよいのか?
読者さんの質問にuepon流で回答しながら、説明します(^^<

 

ロブの上手な打ち方について 質問&回答

中学2年生プレーヤーからの質問

いつもブログ見てます!

私は中学2年生です!

ソフトテニスをしていて後衛なんですがロブが上手く打てません(¨;)

上手く打てる方法とかありますか??

man-hatena

 

 

abata回答

私は、ソフトテニス経験が無いので、あくまで硬式テニス感覚となりますが、その点は、ご理解ください m(–)m

まず、ロブを打つ時に、

「相手前衛を絶対に抜いてやろう」

とか

「ロブでポイントをとってやろう」

などと思わないほうが良いです。

「相手前衛に打たれても一発で決められなければ良い」
これくらいの楽な気持ちでロブを打ったほうが、結果が良い事が多いです。

 

ロブを打つ時に有効な2つのポイント

実際にロブを打つときに、この2つを気をつけると、試合で有効だと言うものがあります。

 

1.高くロブを打つ

相手コートの、バックライン深くにロブを打とうと意識しすぎると、ロブがバックアウトしてしまう可能性が、圧倒的に上がります。

ロブは「深さ」も大事ですが、「高さ」も大きな武器になります。

と言うのも、一般レベルのテニスプレーヤーは、スマッシュを得意としている人は少ないです。どうですか?周りにスマッシュを絶対的な自信を持っている人っていますか?

特に高いロブに対しては、ボールが加速して落ちてくるので、簡単にはスマッシュできなくなります。
高いロブに関しては、苦手意識を持つテニスプレーヤーが多い。

 

自分に置き換えてみてもわかります。加速して落ちてくるボールをスマッシュするのって、多少なりともプレッシャーがありますよね。

ですから、ロブを打つ時は、「高さ」を意識して打つ事も有効。

高く打っても、バシバシスマッシュを決めてくるような相手だったら、素直に相手の実力を認めましょう!

 

2.バックへのコントロール

もし、高いロブを100発100中スマッシュで決めてくるような相手であれば、相手前衛のハイバックボレー(高い位置でのバックボレー)を打たせるようにするのも効果的です。

ハイバックボレーを一発で決められるような人は、そうはいません。人間が、一番力が入りづらいショットですから・・・。

 

ですから、自分が追い込まれた時に、とりあえず相手前衛のハイバックにボールをコントロールして、相手にハイバックボレーを打たせて自分の体勢を整えてから、次のショットで勝負するのも、試合では効果的です。

ただし、コントロールを一歩間違えてしまうと、相手前衛のチャンスボールとなりかねないので、多少リスクがあります。

コントロールに自信が無ければ、まずは高さのあるロブを打つ事に徹底しましょう。

 

これだけでも、何も考えずにとりあえず打つロブよりは、試合で勝てる可能性はかなり上がります!

2 Responses to “テニスのロブの打ち方”

  1. 匿名 より:

    中2のソフトテニス部の後衛なんですが今ラケットはxystのz9使っているのですがどんなガットで固さはどのくらいにすればいいのでしょうか?
    あとバックハンドがとても苦手で少し持ち変えないと打てません!
    持ち方が悪いのでしょうか?本当に困ってます
    ちなみに左利きです
    たくさん質問して申し訳ないです。

    • 管理人 より:

      コメントありがとうございます。

      本当にごめんなさい。ソフトテニスは未経験なので、ガットの硬さやグリップの握り方など、ハッキリとお答えできません。
      硬式テニスであれば、参考になる回答が出来るのですが、ソフトテニスに関しては素人なので、良い回答ができないのが申し訳ないです。

      是非、ソフトテニスのサイトなどで、再度質問をしてみてください。

      お役に立てず、スミマセンでしたm(_ _)m

コメントを残す