テニスのロブは、ダブルスで重要な戦術

ダブルスの試合に良く出場しますが、一番嫌なタイプはロブが上手いペアです。こちらが

「これは決まったな」

と思ったショットも上手くロブでかわしてくるペアはしぶといです。
いつの間にか逆転されるようなケースが良くある。

 

ロブ巧者の具体例

私が良く出場する地区大会に、有名なロブ巧者のペアがいて、二人ともベースラインまで下がって、相手にスマッシュを打たせている場面を良く見てました。

そのペアが強いんですよね。

ロブを打ちながら、チャンスボールが来ると、強打で決める。

そんなプレースタイルなのですが、私も試合で対戦し敗戦したことがあります。敗戦した直後に相手にロブのポイントについて聞いたのですが、

「ロブは高さが重要だ」

と教えてもらいました。

 

ロブで高さが大事な理由

普通はロブを打つ時、なるべく「バックラインのぎりぎりを狙おう」とか、「なるべく後ろでスマッシュするために距離を意識しよう」とか考えるのですが、ロブの達人に聞いたところ、高さを出すように意識するとのことでした。

 

ロブで抜こうとはせずに、高いロブを打って、相手にスマッシュしてもらう事を考えるそうです。

なぜかと言うと、かなり上手いテニスプレーヤーでもスマッシュを凄く得意としている人は少ないので、高いロブで相手に精神的プレッシャーをかけつつ、高いロブだと落下速度が速いので相手のミスが多くなる。

 

尚且つ、バックラインぎりぎりに打とうとしないので、自分達のミスもほとんど無くなる。

なるほど、理にかなってますね。それからは私もロブを打つ時には、まずは高さを気にするようになりました。

注意点としては、一般プレーヤーでも相当強いペアは、高いロブでもスマッシュで一発で決めてきます。臨機応変の対応が必要ですね。

PS:ロブの効果的な使い方はこのDVDで理解できる
「ダブルスの試合を有利に運ぶための展開術」

reportbanner

コメントを残す