テニスのロブボレーの打ち方

先月、テニスの試合について記事にしたところ、その試合で打ったロブボレーについて、質問がありました。

ちなみに試合についての記事はこちら

 

ロブボレーの打ち方 質問&回答

中学生テニスプレーヤーからの質問

「ロブボレーってどうやって打つんですか?」

man-hatena

 

abata回答

まず、テニスのダブルスにおいて、ロブボレーはどういった場面で有効なのか?確認してみましょう。

 

ロブボレーが効果的な状況

自分がボレーヤーのポジションにいて、相手ダブルスペアが2人ともネットに詰めてきて、2人でボレーポジションにいる時。

しかも相手が攻撃的にネットにどんどんつめてくる時に、タイミング良くロブボレーを打つと、不意にロブを打たれた相手にとっては、前へ前への意識が高いので、非常に効果的になります。

 

ロブボレーの打ち方

私の場合、ロブボレーだからといって、「ボレーの打ち方を特別に変えるのか?」
っと言われると、そんな事もないです。

普段、ボレーをするラケット面を、より開き気味にします。つまりラケット面を上向きにするって事ですね。

するとラケット面に当たったボールは、勝手にロブ気味にフワッとした軌道を描いてくれます。まずは、この上向き面が大事ですね。

 

後は、距離の出し方なんですが、これも普段のボレーとあんまり変わりません。

ボレーを打つ時に踏み込む足の力加減で、距離を調節します。

上向きのラケット面さえ作ってしまえば、後は余計なテイクバックとかをしないで、足の踏み込みでロブボレーをしちゃいます。相手のボールの勢いがあれば、踏み込みも必要ありません。

上向き面を作るだけ!!
ちょびっとだけフォロースルーをするイメージ。

【関連記事】

 

ロブボレーを打つ時の注意点

ロブボレーのポイントとしては、相手にバレバレだと、相手のスマッシュの餌食になっちゃいます (ノ_・。)

よって、なるべく打つ直前まで、ラケットの上向き面を準備しない事でしょうか。。。でもあんまりにも準備が遅いと、ミスの確率も上がるので、ギリギリにする必要はありません。

相手の前へ前への意識と、ロブボレーのタイミングさえあえば、多少甘いロブボレーでもスーっと、相手ボレーヤーを抜ける。

これは、ちょっと快感ですよ(^^

 

ダブルス初心者さんだからできないようなショットでもないので、是非、チャレンジしてみてくださいね。

そもそもロブボレーを普段から使っていない人にとっては、あんまりイメージできないと思うので、こちらの動画が参考になりそうです。

それではまた。

コメントを残す