テニスのローボレーとハーフボレーの効果的な練習法

ダブルスの試合で、「自分達がボレーに出た時、上手く足元に沈められた場合、どうしているのか?」
と言った、良くあるダブルスの戦況に関する質問を頂きました。

この状況を上手く対処できるかどうかで戦況は大きく変わります。とても重要な事なのですが、uepon流で回答します。

 

ローボレーやハーフボレーの対処法について 質問&回答

男性プレーヤーからの質問

ueponさん達の戦術として、スローなリターンでネットダッシュし、サーバーにローボレーやハーフボレーを打たせてレシーバー優位な展開に持ち込むというパターンがあるということですが…

逆にそういうリターンを多用してくる相手にはどう対処されてるんでしょうか?

man-hatena

 

abata回答

 

相手にとって嫌なことは、当然ですが自分にとっても嫌な事です。
こういった対戦相手には、私も苦戦しますが、いくつか対処法もあります。

 

まず、緩いリターンでローボレーやハーフボレーを打たされるのですが、私はボレーが得意なので、ローボレーもハーフボレーもあまり嫌ではないです(笑)

むしろ得意なショット!

ですから受けてたつことができるのですが、普段からボレーの練習量を増やして、ローボレーハーフボレーの苦手意識をなくすのが大事です。

練習方法については、のちほど。

 

意外と有効なボレー1-ストレート

足元に沈められた場合、ストレートにボレーを打つことも多いです。

相手は、私たちのファーストボレーが、センターに浮いた球を狙って、ポーチに出てきますから、その逆を狙うわけですね。

相手の動きを見ながら、スピードは必要ないので、ローボレーでもハーフボレーでも、コースを瞬時に変えられるように落ち着いて打ち分けられる事も大事です。

 

意外と有効なボレー2-短いボレー

また、緩いリターンを打って、そのままネットにつめてくる相手も多いですが、この場合はローボレーやハーフボレーを打たされても、慌てずに、短めのボレーを意識して打ちます。

短めのボレーで、更に相手の足元を狙うわけですね。

ダブルスでは長いボレーと、短いボレーを、打ち分けられるようにしておくと、様々な戦略を持つペアにも対処しやすくなります。

 

最終的には

その後は、ボレー&ボレー戦になりますが、こうなるとボレーが得意なペアが有利になります。

私はボレーボレー戦は好きなので、この展開は好都合です。よって、やっぱりボレーの練習は欠かせません。

 

以上が緩く足元に沈められたリターンの対処法ですが、そもそも足元に沈められない様に、ペアに思い切ってポーチに出てもらうようにして、プレッシャーをかけてもらうことも必ずしています。

1本2本ストレートに抜かれようが、プレッシャーをかけることで、相手のリターンの精度が落ちますので、ポーチのプレッシャーも地味に効きます。

 

ローボレーとハーフボレーの練習法

さて、ローボレー、ハーフボレーの良い練習方法としては、ストローク&ボレーの練習を増やし、自分がボレー側の時に、ファーストボレーを打つポジション(サービスライン付近)で、ひたすらボレー練習をすると良いです。

このポジションだと、ローボレーやハーフボレーを打つ機会が、必然的に多くなります。

そして、深いボレーと短めのボレーを打ち分けられるように、練習しましょう。

 

出来ればストローカーに速い球も遅い球も混ぜるように、リクエストしておくと良いですね。

ストローク&ボレーの練習時にボレー側の人は、ほとんどネットに思いっきりつめてボレー練習をしてます。
が、あくまで練習なので、どこで打っても良いわけです。

ですから、実戦を考えて練習する事が勝利への近道ですよ。

こういった練習をしておくと、いざ試合になっても慌てずに済みます。

reportbanner

コメントを残す