テニスの上達に欠かせない、回転の感覚をつかむ方法

最近、サーブを打つ時に常に意識していることがあります。特にセカンドサーブの時には、必ず実践するようにしている事。

それは、「ラケットをとにかく振り切る!」

 

セカンドサーブで絶対にダブルフォルトをしてはいけないようなプレッシャーかかるような場面でこそ、より強く振り切るようにしています。
おかげで、セカンドサーブの確率はグッと上がっています。

 

ラケットを振り切る理由

「なぜラケットを振り切るのか?」
と言うと、回転を強くかけるために鋭い振り抜きが必要になるからです。

 

テニスの初心者さんは、セカンドサーブを絶対に入れなければならない局面になると、ラケットの振りぬくスピードを落として、置きにいくような感じでセカンドサーブを入れに行こうとします。

ラケットの動きとしては、羽子板のような感じ。

 

この打ち方だと威力が無い上に、微妙な力加減が必要になるので、余計に安定しなかったりします。

ですから、強い振りぬきで回転をかけることで、サーブを打てるようになれば、相手に攻め込まれず尚且つサーブの確率を上げる事が出来るので、ゲームを有利に進めることが出来るわけです。

回転のかけ方は、難しいスピン系のサーブでなくても、比較的取り組みやすいスライス系サーブでも良いです。

 

回転の感覚を身につけよう

回転をかける感覚は、テニスをはじめたばかりだとなかなかイメージ出来ません。
私の周りにも、テニスを何年もプレーしているけど、回転をかけるのがあまり上手くないプレーヤーが沢山います。

では、回転をかける感覚は、どうやったらイメージできるようになるのか?
まずは、簡単なところからはじめると良いですよ。

 

オススメの回転感覚を身につける練習法ですが、それは「リフティング」です。
リフティングと言うと、サッカーをイメージしちゃいますが、テニスでも有効な練習です。

 

このリフティング練習法は、私もず~とやり続けています。
自宅でも出来るので、気軽に実践して欲しいのです(^.^)
もちろん、サーブ以外の回転系ショットにも効果ありです。

 

テニスリフティングのやり方

テニスリフティングのやり方としては

  • ボールをポンポンとラケットの上でバウンドさせます。
  • この時に回転をかけながらバウンドさせて、続けるようにします。
  • 長時間やる必要はないですが、ボールをこする感覚を掴みましょう。
  • まずは、フォアハンドのラケット面で回転をかけながら10回くらいは続けられるようにする。
  • 続いてバックハンドのラケット面で回転をかけながら10回くらいは続けられるようにする。
  • 最後は、フォアハンドのラケット面とバックハンドのラケット面を交互に使って、回転をかけながらリフティングします。(ここまでいくと、かなりのテクニシャン)

なかなか文章で説明するのが難しいのですが、参考になる動画がありました!

 

なんと世界No.1のジョコビッチが出演しているユニクロのCMです(^.^)
(動画前半のリフティング部分が重要で、ユニクロのシャツについてはスルーで)

 

動画では、一つのラケット面(バックハンドの面)でこするようにしてリフティングしてますが、上達したら逆の面と交互にやると、フォアもバックも両方の回転の感覚をつかめますよ。

 

私は、テニスの練習の合間に、コートサイドなどで無意識に回転系のリフティングをやっちゃってます。
ラケットヘッドを振りきれば振り切るほど、強く回転がかかる感覚がわかります。

回転をかける感覚が身につけば、あとは微調整しながら、色々なショットに応用できるはず。場所を選ばず、時間もかからないので、暇な時にでも実践してみてください。

reportbanner

コメントを残す