テニスの初心者だからと諦めないこと

テニス初心者の方に質問されて、何かを教える時、私はあまり親切ではないので、その方の体力などあまり考えず、自分の考えを教えてしまいます。

当然、あまりにも難しいことは言いませんが・・・。

 

例えば、トップスピンの打ち方だとか、アングルボレー(角度をつけたボレー)だとか。

すると、初心者の方の反応は大きく二通りにわかれます。

1.「まだ初心者なので、そんな事できないよ」
⇒この反応が圧倒的に多い!

2.「へーなるほどそうなんですか。やってみます」
⇒出来るわけないけど、練習し始めます。

 

わかると思いますが、上手くなる、強くなる人は、確実に後者の人です。

「トップスピンは上手い人しか打てない!」
だとか決め付けてしまっている人、先入観を持っている人は大変もったいない。

とにかくやってみなければわかりません。
はじめはできないかもしれませんが、「なんで出来ないんだろう?」と考えながら、練習する人が凄いスピードで上達するですよ。

上達したから、何かが出来るわけでは無いですね。

 

トップスピンに挑戦⇒出来ない⇒工夫する⇒出来るようになる⇒いつのまにかテニス全体がレベルアップしている

これが、好循環です。決して上手くなったから、何かが出来るのでは無く、何かに挑戦していたら、結果上手くなっている。とにかく体を動かして、何事にも取り組むことをおススメします。

 

reportbanner

コメントを残す