テニスの得意なショットがある人は強い

テニスの試合において、強い人は得意なショットを持っている人が多い。対戦していても、得意なショットを持っている人はやりづらいですね。

得意なショットを打つ時になると、自信がみなぎっているので、対戦する側としてはプレッシャーがかかります。

具体的な得意ショット

例えば、こんな得意なショットを打つ時

  • サーブがメチャメチャ速い人。
  • サーブがバウンドしてから、凄く跳ねる人。
  • とにかくフォアハンドが得意で、全て回りこんでフォアハンドで打ってくる人。
  • ボレーが速くないけど、壁のように返ってくる人。

 

強い人達は、自分が得意なショットを自分自身で知っていて、そのショットでポイントが取るようにテニスを組み立てます。
(この組み立てについては、また別途お話します。)

よって、得意なショットをつくる様にすると、試合に勝てる確率は高くなります。

 

私はボレーが得意なので、ボレーを中心に試合を組み立てる。

実は、ストロークが苦手なので、苦手なストロークの練習をしているかと言うと、ほとんどしていません。半分捨ててます(^_^;)

したくても時間があまり無いため、得意なボレーを極めようとしています。
プロじゃないので、これでも結構、勝ちあがれますよ。

 

得意なショットが出来つつあるのに・・・

私の周りの勝てないテニスプレーヤーは、1つ何かが上手くなりつつあると、違う事をやりたがる人が多い。

「もったいないなー」といつも思ってしまいます。

具体的には、スライスサーブが上手くなってきて、キレも良くなり、確率が上がってきたのに、そこで満足してしまうのかスピンサーブの練習に没頭してしまうとか・・・。

 

色々と中途半端に練習するよりは、自分の武器を1つでもつくるようにすると自信もつく上に、何よりも試合相手のプレッシャーになるので、良いと思います。

「自信のもてる何か1つのショットをつくるのが、勝利の近道」

違った意見もあると思いますのでご参考までに (;^_^A

reportbanner

コメントを残す