テニスの練習は相手に気持ちよくストロークさせちゃう

前回は、「テニスの練習をスタートして、まず何をするのか?」について記事にしました。ウォーミングアップは、テニスの練習を効率的にするためにとても重要です。

もし読んでいなければ、こちらをどうぞ。

 

テニスの練習を開始して、まずはショートラリーをするのですが、その後は、ベースラインまで下がってのストロークラリーですね。

普通は・・・。

 

なるべくボレーの練習を

但し、私の場合は、ダブルスプレーヤーとして、極端なので、後ろに下がりません(汗)

相手は、ベースラインに下がってストローク、私は、ボレーに専念します。ボレー対ストロークの形ですね。この時にボレー側として注意しているのが、ストローカーに気持ちよく打ってもらう事。

 

相手に気持よく打ってもらうために

まだウォーミングアップの段階なので、相手も沢山ストロークを打ちたいはずです。
そんな中、ボレーをミスっている場合じゃない!

よって、相手に打ちやすい場所へ徹底的にボレーを打つようにします。

 

狙う場所は、大体サービスラインとバックラインの間。
ここにローボレーだろうが、ハーフボレーだろうが、ハイボレーだろうが、ミドルボレーだろうが、運ぶようにボレーする。

地面に丸をイメージしてターゲットを決め、とにかくコントロールです。

 

ボレーのコントロールを良くする

こうする事で、ボレーの感触をつかみながら、コントロールを養います。同時に相手は、気持ちよくストロークができる。

時にはストローカーにガンガン打ち込んでもらいます。それをまたまた狙った丸にボレーで、相手が打ちやすいスピードで返します。

 

こんな事をやってます。

ちなみに、スクールに通っていたときも、お互いストローク練習のときに、一本だけストロークして、後は前に出て、こんな練習をしてました。言う事を聞かない悪いスクール生だった(笑)

 

ま、相手が気持ちよくストローク練習ができれば、文句は言われないので、緊張感を持ってボレーで的確に、狙ったところへ返球できるように必死こけば良い!

と勝手に考えてました。

ダブルスで使用頻度の高いボレーは、こんな事で練習時間を増やしています ヽ(*’0’*)ツ
さて、その次の練習は・・・・・・・・・また次回に。

【続きはこちら】

reportbanner

コメントを残す