テニスの練習時に意識している事

社会人になると、テニスの練習に多くの時間を割くことができない為、どうやったら短時間で効率的に上達するかをいつも考えています。

私が実践してみて効果があった方法をいくつか紹介します。

 

短時間で上達するための2つの意識

テーマを決めて徹底的に練習

普通、練習の時に「今日はセカンドサーブの確率を上げるように練習しよう」なんか考えて、実際セカンドサーブの時には丁寧に打ったりします。

但し、この方法だと、普段とあまり変わらないようになってしまいます。
練習している気にはなるのですが、なんとなくの練習になってしまう。

 

そこで、私が行っているのは、ファーストサーブも全てセカンドサーブで打つ。
とにかく徹底し、その時間は体に覚えこませるようにしています。
(1日ファーストサーブは全く打ちません。試合形式の練習でも打ちません。)

極端な例で言うと、「今日はバックのスライスを深く打てる練習をしよう」と思ったら、私は普段はダブルハンドですが、2時間練習するとすると、全てを片手のスライスで打つような事もあります。

とにかく徹底して、効率良く体に覚えさせるようにする。

※結構、周りからは冷ややかな目でみられる時がありますが、上達するには仕方ないと割り切っちゃう。

 

合間の時間も練習する

テニスの練習を思い浮かべると、意外と待ち時間が長いスポーツです。試合形式の練習をしていると、その試合を見ている時間。

ラリーでも、人が打っている時間は、待っている時間が結構たくさんあります。

この待ち時間を有効に使った方が良いですよね。

 

そこで私は、誰かを捕まえて、コート脇でボレー&ボレーをしたり、1人でラケットでボールの回転を確かめるようにしています。
(ラケットでボールをリフティングするようなイメージです。この時に必ず回転をかけるようにする。)

とにかく時間を無駄にしないように意識することで、短時間でもライバルに近づけるように努力してみましょう。

コメントを残す