テニスの試合で、スライスとトップスピンで時間を稼ぐ

テニスで時間を稼ぐショットを使えると、粘り強くなり、相手にプレッシャーをかけられる様になります。

では、時間を稼ぐショットについて、「どんな風に使うと効果的なのか?」
僕が実践している事を紹介します。

【関連記事】

時間を稼ぐショットの種類

まず時間を稼ぐショットですが、相手のショットが良くて、徐々に追い詰められ、コートの後ろに追いやられたり、コートサイドに走らされたりした時に、自分のポジションをセンターに戻すために使います。

時間を稼ぐために選択するショットは、大きく分けて3種類くらいですね。

  1. ロブ
  2. スライスショット
  3. トップスピンを多くかけたショット(中ロブ気味)

それぞれ詳しく確認してみましょう。

 

ロブ

一番守備的なショットとしてはロブです。
特にスライス回転をかけたロブは、滞空時間が長いので、時間を稼げます。

が、相手にスマッシュのチャンスを与えるので、ポジションをセンターには戻せるのですが、次の相手のショットで決められてしまう可能性が高くなる。

ちょっとしたリスクを感じながら、時間稼ぎとして使うと、相手のスマッシュにも対応できる可能性が増えます。

 

但し、一般レベルのテニスプレーヤーは、スマッシュが苦手なプレーヤーが多いので、スライスロブを高く上げると、相手がミスをしてくれて、自分のポイントになる事が意外と多いです^^

 

スライスショット

ボールに上から下への回転をかけるショットですね。

スライスは、時間を稼ぎたい場合は、伸びのあるスライスショットを打つよりは、回転量を増やして、コートの深くに打つと、時間を稼げます。

回転量が多いと、コートでバウンドしたあと、失速しがちで、その後に相手に気持ち良くショットを打たれる可能性があるのですが、時間を稼ぐことを優先して、少々山なりでもよいので回転量を増やした方が良いですね。

 

但し、ダブルスの試合で、相手ペアの両方がネットに詰めている場合は、スライスショットの使い方が微妙に違います。

1番で説明した、スライスのロブもあるのですが、スライスで相手に1本ボレーをさせて時間を稼ぐ方法も効果的です。
僕も良く実戦で使うのですが、スライスショットでネットを越えるあたりで、ボールの軌道がネットより低く落ちるように打ちます。

回転量重視ではなく、コントロール重視です。

 

コントロールでも左右のコントロールより、高さのコントロールがシビアになります。
このコントロール重視のスライスショットをマスターすると、スライス回転なので、ある程度ゆっくりと滞空時間が長く、時間を稼げます。

更に、相手にとっては、ネットより低い位置でボレーを打たなければならない!
ローボレーってヤツですね。

ローボレーは、スピードのあるボレーがなかなか打てないので、相手ペアも慎重になって、とりあえず相手コートに返球する事が多いです。そのローボレーを打ってもらって時間を稼ぎつつ、センターポジションに戻るわけですね。

 

このショットはなかなか使えるショットで、時々、狙ったところ以上に、もの凄く上手く相手にとって取りづらいところに打てる場合があります(笑)

そうなると、相手のボレーが甘くなって、自分達の逆襲チャンスになるわけです。

 

トップスピンを多くかけたショット(中ロブ気味)

シングルスの場合、この中ロブ気味のショットは、ロブにならないので、相手にスマッシュされるリスクが減ります。

但し、攻撃力のある相手の場合、トップスピン回転をかけた中途半端な高さだと、ノーバウンドで打ち込んでくる可能性ありです。ドライブボレーというショットですね^^

【クルム伊達さんのドライブボレー】

 

ドライブボレーを打たれないようにするには、回転を思いっきりかけつつ、あまり中ロブが高くなり過ぎないようにしなければなりません。

ま、あまり深く考え過ぎると余計に上手く打てないので、
「とにかく振り切ってトップスピン回転を増やして、相手コートの深くに打つ!」
これだけ意識するだけで、成功する可能性が高くなるはずです。

 

ダブルスの場合、このショットは、狙った場所にコントロールできると、とっても有効ですよ。

狙うところは、

  • 相手前衛にハイバックボレーを打たせるようなコース
  • 相手ペアのど真ん中を狙って、相手の2人のうち、どちらが打つかを迷わせる

この2つが効果的です。

ハイバックボレーは、誰でもなかなか力が入らないので、返球されたボレーは、あまり速くなく、時間が稼げる可能性が高いです。
特に女性はハイバックボレーが苦手な人が多いので、とても効果的なはず。
ハイバックボレーで返球されたボールは、高く跳ねやすくもあるので、逆襲もしやすい(^∇^)

 

それと・・・、
真ん中に回転をかけた中ロブ気味のショットを打つのは、度胸がいりますが、相手が長年ペアを組んでいなかったりすると、お互いが遠慮して、お見合いする事もある。。。

一瞬でも相手が、ちゅうちょすると、良いボレーが返球されなかったりするので、意外と使えるコースとショットです。

時間を稼ぐショットをマスターして、シングルスでもダブルスでもしぶとくなっちゃいましょう。
僕が実践している時間を稼ぐショットの練習法は、また次回にでも。

PS:
守りながら、攻撃チャンスの作り方をマスターしたいのならコレがオススメ。
「ダブルスの試合を有利に運ぶための展開術」

reportbanner

コメントを残す