テニスの試合で、接戦の時に勝つための3つのポイント

テニスのダブルスの試合で、市民大会などの草トーナメントに参加しても、接戦になるといつも負けてしまうプレーヤーがいます。すると、

「どうして勝てないんだろう?」「何がダメなんだろう?」

と、色々と悩んでしまって、余計に勝てなくなってしまいます。そんな悩みを持ったテニスプレーヤーから質問があったので、解決策とともに紹介します。

 

いつのまにか負けてしまう・・・

テニス歴は結構長いのですが、試合になるとなかなか勝てません。特にダブルスでは競っていてもいつの間にか負けてしまいます。ショートクロス、ストレート強打、ロブなど考えて打つのですが試合後半になるとどうも単調になってしまいます。競った試合の考え方を教えてください。よろしくお願いいたします。

回答

試合で競った時に負けることが多いとのことですが、試合が競った時に私が気をつけていることがいくつかあります。
かなり精神的(メンタル)な部分が多いですが紹介します。

 

1.得意ショットで勝負

試合で競っていると、相手の陣形を崩そうと普段やらないようなことをしたくなるのですが、そこはグっとこらえて、自分の得意ショットで決められるような展開にもっていくと、自滅して負けることは少なくなります。

普段やらないようなショットで勝負しようとすると、ショットを打つ前から「うまくいくかな?」と不安になりますし、ミスしてしまうと、精神的にかなりヘコミます。

それよりも、得意ショットで勝負する方が、ミスして自滅して負けることも少ないですし、例え相手にポイントが入ってしまっても、自分のベストプレーでダメだったと納得できる事が多いです。

得意ショットは、普段から練習して磨きをかけておきましょう。

 

2.競っているときこそ、強気が大事

競っている時こそ、強気が大事です。ただし、気持ちは熱くなりすぎないように!

強気にいくからと言って、ギャンブルショットを打つわけでなく、相手に決められても、「次は決める!」という気持ちをもって足を動かして相手にプレッシャーをかけることです。

自分達がポイントをとった時は、「次も決める!」の気持ちを全面に出して相手にプレッシャーをかけましょう。
錦織選手の試合などを観戦していると、解説者が「ギアを上げた」と良くいっていますが、意識的に局面局面で、相手にプレッシャーをかけています。

同じようなことを、一般プレーヤーレベルでも実践すると良いですね。
私の場合、ダブルスの試合で競った時は、態勢を低くして、ポジションを前へ前と相手にプレッシャーをかけることを意識しています。

すると、相手が弱気になって、ロブなどで逃げてくるようになると、スマッシュやハイボレーで決めるようなチャンスが巡ってきたりします。

 

3.試合の流れを共有する

ダブルスであれば、ペアがいるので、「試合の流れでこの一本は重要だ!」と思った時は、ペアと意識を共有しましょう!

普段はペアとコミュニケーションをとっていなくても、「このポイントは重要!」と思った場面では、少しの時間で良いので、ペアとコミュニケーションをとって、サーブのコースやリターンのコース、その後の前衛の動きなど、1本目2本目の動きを共有する。

そうすると、精神的にも迷いが無くなるし、そのポイントを獲得した際に、一気に流れが自分達に来ることが多くなります。

 

また、ペアと少し話しているだけで、その様子を見た相手ペアにプレッシャーがかかったりするはずです。

実際、私がダブルスの試合をしていても、それまでたいしてコミュニケーションをとっていなかった相手ペアが、重要な場面で作戦をねっているような会話をしている姿を見ると、

「何かしてくるんじゃないか?」

と、少しプレッシャーがかかります。

 

最後に

試合で接戦になるということは、技術的には相手ペアと、ほとんど差がないケースが多いです。
そうなると、心理戦的な部分が大きくなります。

接戦に勝つようになって経験を積んでいくと、自然と精神的に強くなりますが、はじめからは精神的に強くはなかなかなれません。ですから、接戦の時は

・強気
・冷静
・いつものプレー(得意なショット)
・ペアとの連携

を意識を強くもってプレーしましょう。そうすれば、きっと自然と接戦に強いペアになっていくと思います(^o^)

reportbanner

コメントを残す