テニスの試合で、相手のポジションをどうやって確認する?

テニスのダブルスで強いペアは、

・相手が動いた逆に打ったり
・相手が打ちづらい足元に沈めたり
・相手がセンターによってくるのを見てサイドを抜いたり
・相手ペアが二人とも前がかりになったところをロブで抜いたり

と、相手の動きを見ながら上手くボールをコントロールします。

 

これが、ダブルスの試合になかなか勝てないプレーヤーは、

・とにかく自分が打ちたいところに打つ
・コースは気にせず、スピード重視で打つ
・いつも相手がいるところに打ってしまう

なんて事が多いです。

違いはなんなのでしょうか??
それは、相手のポジションを良く見えているのが大きい違いです。

その相手のポジションの見方について、読者さんから質問があったので紹介します。

 

ダブルスのポジション確認の質問&回答

Aさんからの質問(女性 30代)

いつも拝見させていただいています。
テニス歴5年半になる30代後半女子です。

ゲームをしていると、相手がドロップしたり、ストレートを抜いてきたり、よく見ているなと思っていたのですが、自分が打っているときは全くまわりを見ていない(見れない)ことに気がつき、愕然としました。

前から来るボールだけをガン見して、プレーヤーを見る余裕がありません。
これではいけないと思うのですが、ゲームが始まるとやはりボール以外が見えなくなってしまうのです。
レッスンでそんなことは習っていない!と言うと商売だから教えないと知人に言われました・・・。

相手を見る訓練とか、コツとか・・・なにかご自身がされていることはありますか。

woman-hatena

 

abata回答

【質問の重要部分】

ゲームをしていると、相手がドロップしたり、ストレートを抜いてきたり、よく見ているなと思っていたのですが、自分が打っているときは全くまわりを見ていない(見れない)ことに気がつき、愕然としました。

 

今まであまり意識したことがありませんでしたが、確かに言われてみるとそうですね!

試合に強いプレーヤーは、相手のポジションを良く見て打つコースを決めたり、相手の動きを見て打つコースを瞬時に変えています。

逆に、たまに中級者レベルの方とダブルスペアになって試合をしてみると、ペアの方が相手のポジションを見ていなくて、相手に打ち込まれるケースが多いです。

 

試合慣れしていていくと、必ず相手のポジションを把握できるようになります。
私も、無意識に相手のポジションを見ているのですが、「どうやって見ているのか?」を紹介します。

 

試合中に相手のポジションをどうやって見ている?

私は、99%ダブルスの試合や練習をするのですが、自分のサーブを打つ前、ペアがサーブを打つ前、相手がサーブを打つ前、どんな場面でも、とにかくポイントが始まる前に相手2人のポジションをまずは確認しています。

サーブが入りだすと、当然ですがボールの動きに集中します。
但し、ボールに集中しながらも、ボールの後ろにボヤッと見える相手のポジションを確認します。

 

そして、自分が打つべきボールが飛んできた時、ボールを打つためにテイクバックをして打とうとするのですが、ボールに集中しながらも右目や左目の端にボヤッと見える相手のポジションを一瞬確認して、打つコースを決めています。

 

比較的遅いボールであった場合などは、相手が動いたのをボールの後ろのボヤッとした視点で察知したら、急遽、打つコースを変えたりすることもあります。

ボレーの時などは、あまり時間もないので瞬時に相手のポジションを判断して打つコースを決めなければなりません。

以上のようなことをやっているのですが、、、、ほぼ無意識です!

 

今は、ほぼ無意識でやっているのですが、私もテニスをはじめた頃は相手のポジションを把握できていなかったんだと思います。

それが、相手の嫌がる場所へボールを打ち返そうと常に意識していたので、いつの間にか相手のポジションを見ることが出来るようになったようです。

 

現在は、ほぼ無意識でやっている事なので、ハッキリとコツはわからないのが本音なのですが(^^ゞ、
はじめは、ボールに集中しながらも、視界の後ろにボヤッと見える相手のポジションを少し意識して見るようにするのが良いのかもしれません。

少し意識して見ていた相手のポジションが、慣れてくると、だんだんと無意識に相手のポジションを把握できるようになるはずです。(決して、ボールから目を離せということではありません・・・)

 

試合中の視野をひろげるトレーニング

トレーニング方法としては、目から50cmくらいの場所に、自分の人差し指を立てて、それを集中して見る。

人差し指を集中して見ながらも、その指のずっと先にあるテレビの映像や時計の時間なんかをなんとなく見られるようにする。

視線の先を感じる
視線の先を感じる

なんて方法が効果がありそうです。

 

相手のポジションを把握できるようになると、相手の嫌がるところにショットを配球できるようになりますから、自分が優位に試合を展開できるようになります。そうなると、より一層テニスが楽しくなるはずです。

 

まずは、ボールに集中しながらもボヤッと見える相手の動きをチョットだけ意識して見てみてください。

そのうち、無意識に見られるようになるはずですから。

reportbanner

コメントを残す