テニスの風下からのサーブ注意点

風が強い時のサーブって嫌ですよね。

嫌だからと言って、サーブを打たなくて良いってわけでもないので、とにかく、風が強いときのサーブの注意点を意識しながら打つのが大事です。

今回は、風下からのサーブについて、質問があったので、uepon流で回答します。

風下からのサーブの考え方について 質問&回答

Kさん(男性)からの質問

強風の時、風下からのサーブが いつもに増して短くなり入ってもリターンでワイドに抜かれてしまいました。
私が最初に相手に決めたリターンですが同じ様にやり返されました。
バカですね><

ならばと、もう一人にサービス&ボレーをしようと出て行った所、速いワイドで抜かれました。

抜かれたけれど この対処方法は合っていますか?

弱い私のサーブは手前に落とされる事が多かったのでボレーに出なきゃとは思っていましたが
初めて行動することができたのですが。。。

長くなりましたが お時間のある時に教えてください m(_ _)m

man-hatena

 

abata回答

風下からのサーブは、短めになってしまうのは、物理的に仕方が無いです。

特にスピン系のサーブは、相手コートに入って、バウンド後に失速するので、早いタイミングで、しかも速いリターンをされる可能性が高い!

ですから、スピンサーブを打つのであれば、
「サーブが長くなってフォルトしてしまうのではないか?」
と思うくらいに、深く打つ必要があります。

それでも、中途半端なスピンサーブだと、リターンで打ち込まれますので、覚悟が必要ですね。

 

私は、スピン系サーブを主体にしているので、風下でもスピンサーブを打つのですが、速いリターンが来る事を想定しながら、サーブしたあとのボレーの準備をいつも以上に早くします。

こうする事で、ボレーをとりあえず返球できるようにして、攻め込まれず、なんとか状況をイーブンにもっていくようにします。

 

スピン系のサーブ以外も打てるのであれば、フラットサーブや、スライスサーブの方が、風下からのサーブとしては有効です。

まず、フラットサーブは、風がないと、長くなりがちなので、サービスライン内に入りづらいのですが、風下の場合、ボールが風に押し戻されて、サービスライン内のおさまりやすいです。

フラットサーブは、バウンド後もそれほど失速しないので、思いっきり打ち込まれる可能性は減ります。

 

風下で役に立つサーブ

それと、意外とおススメなのが、スライスサーブ。

スライスサーブを風下から打つと、風に押されて短くなりがちなのですが、スライスサーブは、バウンド後の弾道が低いので、風上からのリターンは神経を使います。

 

何故かと言うと、スライスサーブはバウンドが跳ねないので、リターンの打点が低くなり、いちど上に打たないとネットを越さない。

風上からリターンを上に打つと、風に乗ってアウトしやすい!
よって、リターンは強打しづらい (;^_^A

と言う事で、リターン側は、短いサーブでも、意外と打ちづらいのが、スライスサーブだったりします。
でも、ず~とスライスサーブを打ち続けると、リターン側も慣れてきちゃうので、うまく球種を散らすと良いですね (^∇^)

 

最後に

最後に、風下からのサーブ&ボレーですが、もちろんやっても良いのですが、風上のリターンの特徴を理解しないと、なかなかファーストボレーが上手くいきません。

 

風上からリターンをすると、

・ボールが風に乗ってスピードが出やすい。
・ボールが風に乗って、リターンが長くなりやすい。
・回転をかけても、短いショットが打ちづらい。

風上からのリターンだと、このような特徴があることから、風下側のボレーは、

・沈めるリターンはなかなか来ないので、ローボレーは少ない。
・ボールが伸びるので、いつもよりネットから離れた位置でのボレーをするケースが増える。
・サーブをした後のボレーをするためのスプリットステップ※は、早めにする。

※スプリットステップについては、こちらの記事を参照

 

こんな事を意識すると、サーブ&ボレーもしやすくなるはずです。

風下からのサーブは、なかなか威力も出づらく、サーバーには不利かもしれませんが、風を理解して、風上のリターンの特徴を頭に描ければ、意外とサービスキープも出来ます。

もし、サービスキープできなければ、相手の風下サーブをブレイクすれば良いだけです。風を頭に入れて、強気に攻めちゃいましょう^^

PS:回転系サービスの打ち方が理解できるDVD
「新井流フルスイングテニス塾
~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~」

 
【関連記事】


reportbanner

コメントを残す