テニスコートの状況によってプレーを変える

プロテニスでの最高のタイトルの1つがウインブルドンですね。
ウインブルドンは、芝のコートなので、バウンドしてから滑るようにボールが跳ねて、とても速いです。

と言いながら、私は芝のコートの経験が無いので、どんだけ速いのかわかりません(汗)
wimbldon

 

ただ、クレーコートであるフレンチオープンなんかと比較すると、ポイントをボレーで決める確率は高いですね。
速めのコートが理由なんだと思います。

さて、一般プレイヤーもコートサーフェイスによって、テニスのプレーを変えるのが普通なのでしょうか?

先日、ある質問をもらったので、紹介しますね^^

 

コートサーフェスに合わせてプレーするの? 質問&回答

Tさんからの質問内容

いつも楽しくブログを拝見しています。(ブログを始められた初期から見ていますよ!)

ueponさんは、コートサーフェスによって気を付けていることやプレースタイルを変えることはありますか?

雁行陣で勝負するなど、大幅なプレースタイルの変更はないと思いますが(笑)、○○コートの方が強めに打ったりとか、リターンの立ち位置を変えたりとか、ブレイクしにくいから博打的プレー(ストレートアタックやポーチ)を増やすとか、何か違いを意識してプレーされているならば、是非とも教えていただきたいです。

勿論、ある程度スピードの出るオムニ、むちゃ遅いオムニなど、更に細分化して考えているのでしたら、その辺もご教示下さい。

また、水気を多く含んだ時のクレーコート・大雨の中のオムニコート・2セット目やセットボールで試合を始めたハードコートなど、ボールの跳ね方が弱い場合の試合の取り組み方も知りたいです。
当方、9割以上相手のバックサイドにスピンサーブを入れるプレースタイルのため、跳ね方が弱くなってくると、キープに苦労したりします。

man-hatena

 

abata回答

いつも、ブログを読んでくださりありがとうございます。

それも開始当初から読んでくださっているとは、感謝・感激です。
拙いブログですが、これからもヨロシクお願いします。

それでは、早速、質問への回答です。

【質問内容抜粋】

> ueponさんは、コートサーフェスによって気を付けていることやプレースタイルを変えることはありますか?

 

基本的には、あまり変えないタイプのテニスプレーヤーです。

とてもサーフェスが速いコートの場合は、リターンのポジションを通常よりも1歩程度下がる事がありますね。
逆にライジングでリターンする為に、思い切って前に出ちゃう事もあって、この辺は臨機応変です。

 

球足の速いコートで気をつけている点

とても速いコートの場合、サーバーが圧倒的に有利なので、リターンの時は、とにかくネットを越えて相手コートに入れることを、重要視しています。

ですから、狙ったコースにリターンできなくても、相手コートに入ったら良しとしていますね^^

例え、狙ったコースと全く違った場所に打っても、返球できればOK!みたいな感じです(笑)

 

球足の遅いコートで気をつけている点

逆に極端に遅いコートのサーフェイスだったら、リターンを気持ち前にしてポジショニングします。

遅めのコートは良く弾むので、弾んだボールに対して、打点を高くして相手のボレーヤーの足元にリターンできるので、そのままリターンダッシュして、ネットにつめる事が、多くなります。

そのほかのプレーは、正直に言って、あまり変わらないですかね・・・。

 

イレギュラーなコート状況の対処

【質問内容抜粋】

> また、水気を多く含んだ時のクレーコート・大雨の中のオムニコート・2セット目やセットボールで試合を始めたハードコートなど、ボールの跳ね方が弱い場合の試合の取り組み方も知りたいです。

 

ボールの跳ね方が弱い時や、すべるような状況であれば、積極的にスライス系のショットを打つようにしています。

私の場合、アプローチショットを良く打つので、バックだけではなく、フォアハンドのスライスも結構得意で、跳ねない場合は、スライスを打って、ネットにつめてボレーで決める。このパターンを意識しています。

 

また、サーブも普段よりはスライスサーブを若干多く使いますかね。
本当に若干ですが。。。

あんまりプレースタイルを変えるタイプではないので、

「自分の得意なボレーで決める」ために、何をしたら良いのか?

を環境の変化に合わせて、実践するようにしています。

 

まとめ

結論としては、自分の得意なショットで決められるように、環境によって多少、プレイスタイルを変化させるのが、良いと感じています。

あんまりにも変えちゃうと、元に戻すのが大変そうなので、そこは注意が必要ですね。

reportbanner

コメントを残す