テニススクールでは嫌な生徒が成長する

前回まで社会人サークルについて話をしましたが、続いてはテニススクール編です。

私もテニススクールには、長年通っていました。ダブルスの大会で何度か優勝した後でも、テニススクールに通っていたんです^^
やはりお金を払っているので

  • 休まない
  • 一生懸命テニスを上達しようとする

こういった面で、経済的に余裕があれば、テニススクールはおすすめ。

school
社会人になると何かと理由をつけて、テニスをしなくなるので、お金をかけて、時間を確保するとテニスは地道に上達します。

 

あと一点大事な事がありました。

テニスコーチに相談やリクエストが出来る

テニススクールでは、コーチと生徒という図式のせいなのか、生徒さんは遠慮しがちですが、違った見方をすると、店員と月次会員のお客様です。

お客様であれば、商品について色々聞きたいでしょうし、こうした商品にして欲しいとリクエストもあると思います。テニスも同じです。

  • 自分はボレーが下手なのだが、何を練習したらよいのか?
  • 今、トップスライスサーブを集中して練習しているので、サーブの練習時間を増やして欲しい
  • フォームをチェックしたいので、ビデオ撮影して欲しい

 

等、お客様なのだからある程度リクエストしても、サービス業のコーチも快く対応してくれます。むしろ、何も反応が無いより、喜ばれるはず・・・。

 

実際に私は、毎週、上記の様なリクエストをしていました。毎週ですよ!次回のレッスン内容もこうして欲しいとお願いしたことがあります。

周りの生徒さんは、「あいつはスクールにとって嫌な生徒だなぁ」と思われていたかもしれませんが、当のコーチに聞くと「毎回練習方法を考えなければいけないので、生徒さんからリクエストがあると助かります」と答えてくれます。

本音かどうかはわかりませんが、でも何人ものコーチが同じ回答(^_^;)

嫌な生徒と思われても、テニスは上達しますので、どんどんコーチにアピールしましょう!

コメントを残す