テニスラケットのグリップテープの巻き方(動画あり)

以前、グリップテープについて紹介しました。
こちら⇒ テニスのオーバーグリップテープはネットが安い

初心者の方だと巻いていない人もいらっしゃいましたね。一方最近は、ラケットに個性を持たせるために派手なグリップテープを巻く人も増えてきました。

 

さて、グリップテープと連呼していますが、正式にはオーバーグリップテープと言う名称ですね。
グリップテープはラケットに直接貼られている皮のテープ。その皮のテープの上に貼るのがオーバーテープ。

 

私は、皮のグリップテープ自体を替えた事も数回あります。ラケットも長年使うと、汗でグリップテープ自体がボロボロになってしまうんですよね。でもグリップテープから替えるのは面倒くさい。

そこで最近は、オーバーグリップテープをこまめに替えて、グリップテープまで汗が通過しないように気をつけてます。

オーバーテープを巻いたことが無い様な方は、こんな動画を参考にしてみてください。

 

ちなみに、この動画だと確りとグリップ全体をオーバーテープで巻いていますが、自分で握る部分を厚めにオーバーテープを巻いて、グリップの途中までしかオーバーテープを巻かない人も多いですね。

僕も気分次第て、短めに巻くときもあります。

オーバーテープも色々巻き方を工夫してみて、自分にあった方法を見つけてください。
慣れれば、2分くらいで巻けるようになりますよ(^_^)v

PS:クルム伊達公子さんが試合前にグリップテープを巻いている動画がありました。
巻くのがめちゃくちゃ早いです!(約1分)

コメントを残す