テニス初心者が短期間で上達する方法2

初心者の時って、テニスをやっていて、楽しいですが、なかなかうまくならずに挫折しそうになってしまう事もありますよね (ノ_・。)

上達するためには、練習あるのみなのですが、ちょっとしたコツを知っているだけでその成長スピードが早くなったりするので、実体験から、これはやっていて良かったなぁと思うことを紹介したいと思います。

 

テニス初心者時代は、凄いうまい人は別次元の世界だと思って、

「自分は、ああはなれないだろうなぁ~」

と勝手に思いがちですが、初心者の方だからこそ、凄くうまい人に少しでも近づく様に目指すべ!というのが私の考え。

 

この人達を真似しちゃおう

凄くうまい人の代表と言ったら・・・
そうプロのテニスプレーヤーですね。

korichan

 

彼らは、毎日何万球、何千球と打ってきたから、あの綺麗なフォームが出来上がったのですが、なぜそのフォームになったかと考えると、そのフォームが一番狙ったところに入るからです!

そして、なるべく疲れない理想のフォーム。

 

理想のフォームに近づける

だって、何千球も打つのに、無駄な力が入っていたら、怪我してしまいます(^_^;)
連日の様に試合をしなければならないのに、無駄な力は入れてられません。。。

逆に考えると、理想のフォームを真似して、球を打っていけば、狙った場所に入りやすく、疲れにくいフォームが勝手に身に付くと言えますよね。

 

よって、うまい人の真似をするのは、フォーム作りをする最短ルート!

フォームを真似すると、自然とラケットの握り方も身に付きます。本に書いているような、基本の握り方も大事ですが、誰かを真似することで勝手に覚えるラケットの握り方も、アリだと思いますよ。

理想のフォームといえば、フェデラー。リラックスしたフォームを真似したい。

テニス初心者が短期間で上達する方法3

 

【フェデラーのフォアハンドスロー動画】

コメントを残す