テニス アングルボレーのコツ(バックハンド)

私は、唯一得意なショットといえば、ボレーです。ストロークは、見るも無残ですし、サーブもまだまだ・・・。

ボレーの中でも、特にバックハンドボレーが好きですね。

バックハンドボレーは、あまり体を捻るとか、フォアーボレーのようにムダに力を入れることが出来ないため、一度フォームを作ってしまえば、安定して打つことが出来るショット。

そのバックボレーの中でも、決め球として良く打つショットがアングルボレーです。

 

アングルボレーとは

アングルボレーとは、角度をつけるボレーですね。相手をコートの外に追い出すようなボレーです。

角度をつけるボレーなので、相手コート深くに打つと言うよりは、浅めに短めに打つことが多い。

上手くいけば、スピードは全く無くても、エースが取れます。
スピードよりもコントロール重視のショットですね。

名前は難しそうですが、コツさえ覚えればとても打ちやすいボレーの1つ。

 

アングルボレーを正確に打つコツ

このバックハンドのアングルボレーで、私が気にしているのは、打つ瞬間のラケットの角度だけです。

よく初心者の方に見受けられますが、角度をつけてボレーを打とうとすると、打ちたい方向に目線がいきがちになる。私の場合、アングルボレーを打つときは、打つ方向は一切見ません。

打った後も見ないくらいです。打つ瞬間のラケットの角度が自分の思い通りに当たれば、イメージどおりの場所にボールが飛んでいきます。

ボールを打った先の場所を見ると、顔がぶれたり、目線が離れたりしますので、打つ瞬間とラケット角度に集中することをお奨めします。

 

イメージとしてはこんな感じです。
特にバックハンドボレーは、ボールの行き先を見ていないし、打った後も見なくても打ちたいところに飛んでます。

このショットはダブルスでも非常に有効ですよ。

コメントを残す