テニス ガットの張り替え費用を節約

硬式テニスのガットは色々ありますが、何を使用していますか?

ガット(ストリング)は、意外とこだわらない人が多い。テニスのラケットは真剣に選ぶのに、ガットは適当なんていう人が僕の周りに沢山います。

 

ガット(ストリング)選びは本気で

実際には、ボールを最終的に打つ部分はガットなのに何故なのでしょう?
いくつか理由があると思います。

  • 何を使っても変わらないと思っている人
  • 消耗品だから何でも良い
  • わからないから、とりあえず店のおススメでよい

こんなところでしょうか。

でも、前述したように、ボールを最終的に打つのはガットです。

自分に合うようなガットを調べて選んだほうが良い!
例えそのガットが合わなくても、次回変えれば良いのですから。ラケットと同じように、こだわっていきましょう。

 

ガットを定期的に張り替える理由

それとよく言われるのが「3ヶ月経ったらガットを張り替えるように!」
これは何故でしょう?

硬式テニスの場合、ガットは、平均で50ポンド位で張りますが、50ポンドはキロ換算だと22.7キログラムです。常にラケットにこの重さで貼られている上、ボールを打つ時は、その何倍もの重さがかかるわけです。結構しんどい・・・。

すると簡単に説明すると、ガットが伸びちゃうわけですね。
「びよんびよん」に。だから最低限3ヶ月に1回は変えましょう!
というのが定番になっているわけです。

 

しかし、試合によく出場する人達は、そんなのあまり気にしてません。なぜなら、3ヶ月もする前に切れてしまうから。。。

私の場合、平均で1ヶ月~1ヶ月半持ちます。最近流行のポリエステル系の切れにくいガットでこの位の期間。1ヶ月半切れなかったら、自分で切ってしまいます。(でもその前にやっぱり切れます)

個人差はあると思いますが、やはり上達したければ定期的にガットを変える事をオススメします。

 

意外とお金がかかるガット張替えを安くする方法

でもお金が・・・と思うのなら、思い切ってロールガットを買ってみてはいかがでしょうか?

自分のお気に入りガットがあるのなら、圧倒的にコストパフォーマンスが良いです!
私も当然ロールです。

1本用とロールだと1本あたりが半額なんてことも普通にありえます。例えば、ある時期のバボラのプロハリケーンツアーのガット価格を比較すると

【コスト】
1本用…2,016円/本
ロール(私のラケットで18本張れます)…963円/本

 

半額以下になります。ロールだと18回張れるので、18回で計算すると、18,968円お得になります!!

なんか営業なので、すぐお金に換算してしまうんですよね・・・。
最近は、持ち込みガットも張ってくれるショップは多いのでご安心ください。テニススクール等でも張ってくれます。

ちなみに私は知り合いが激安で張ってくれます。ハーゲンダッツのアイス位の価格です。さて、この浮いた18,000円を何に使うかと言えば、自分の実力アップへの投資

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」

 

昨日3ヵ月ぶりに上記DVDを見てしまいました!

・相手のリズムの崩し方  ・ミスらないボレーの方法  ・試合の時に心がける事

など改めて、次の試合で意識しようと感じました。 DVDは何度も見ることが出来るのでオススメです。何回か見ると、あらたな発見があるはず。

【関連記事】

コメントを残す