テニス キックサーブ(ツイストサーブ)の打ち方

入る確率が高いけど、リターン側としては返球しにくいサーブ。
それがキックサーブ(ツイストサーブ)。

シングルスでもダブルスでもセカンドサーブとして相手リターナーにプレッシャーをかけるのに有効なサーブです。(ダブルスではファーストサーブとしても使えます)

そんなキックサーブについて、質問を頂いたので、uepon流で回答します^^

 

キックサーブの打ち方 質問&回答

Mさん(男性)からの質問

キックサーブについてですが、実際のボールを捕らえる場所・ラケットの軌道などを詳しくご教授下さるとうれしいです。

ill-check-m1-l

 

abata回答

キックサーブの打ち方は、言葉で書くと難しいのですが、私が感じている感覚をお伝えします。

ちなみにキックサーブとは、回転を強くかけて、スピードはそれほど無いのですが、サーバー側から見ると、バウンド後に右側(右利きの場合)に大きく跳ねます。

 

リターン側からすると、バックハンドの高い打点でリターンしなければならず、なかなかコントロールしずらく、いやらしいサーブです。

滞空時間の長いサーブなので、ネットに詰める時間を稼ぎたいサーブ&ボレーに向いています。
ダブルスプレーヤーで、キックサーブを得意としていると、簡単にはブレイクされなくなりますね^^

 

ラケットの軌道

さて、まずキックサーブの回転軌道ですが、真下から真上に回転をかけるわけではないです。

ボールを時計に見立てると、7時~8時方向から1時~2時方向にラケットが抜ける感じで、ボールにも同じような方向に回転がかかります。

そのため、キックサーブのフォロースルーは打球と全く違う方向になります。

ラケットは体の右側に(右利き)フォロースルーしていくのですが、ボールは前に山なりに飛んでいく感じです。

 

リストワークが大事

インパクトとしては、手首をやわらかく使えないと、いくらやってもキックサーブは上手くいきません!
リストワークがとっても重要なサーブ方法です。

 

言葉ではなかなか説明できないのですが、野球のピッチャーが投げる瞬間のスローモーションや、連続写真が参考になるので見てください。

 

野球のピッチャーは投げた瞬間、手の平が外側に向くのですが、キックサーブもあの手の平の方向が大事になります。

サーブのインパクトの前から力が入りすぎると、その動きは出来ないので、リラックスしながらもインパクトの一瞬だけに力を入れて、手の平の動きを実現する必要があります。

 

横向きをなるべく維持する

あと、キックサーブは横向き姿勢をギリギリまで保ちながら、ラケットを振り切らないと、上手く回転がかかりません。

横向きの姿勢をギリギリまでキープしながら、最終的には体が前向きになるのですが、その時キックサーブのラケットワークが出来ていると、自然と右足が高く上がってバランスをとろうとします。

 

もしキックサーブを打ったつもりでも、右足でバランスをとるような動きになっていなければ、間違ったラケットの軌道になっているかもしれません。

「どうしたら右足が上がるのか?」逆に考えて、ラケットを振ってみるのも面白いかもしれませんね。

 

キックサーブは出来る人が少ないだけあって、なかなか感覚がつかみづらいです。
時間がかかるかもしれませんが、色々と試行錯誤しながら、感覚をつかんでみてください。

一度感覚をつかむと、意外と楽に出来るようになりますので(笑)

 

私が、キックサーブで参考にさせてもらったエドバーグの動画です。

回転系サービスが理解できるDVDとしては最高峰!
「新井流フルスイングテニス塾
~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~」

 

【関連記事】

reportbanner

コメントを残す