テニス サーブが入らないなら回転を意識する

スランプは誰にでもあるのですが、私が以前はまったサーブ恐怖症について暴露します。

5年位前に、突然サーブが入らない時期があって、とにかくサーブの練習をしていたのですが、いざ本番の試合になるとダブルフォルトと連発なんて事がありました。

汗

 

ダブルフォルトとは、2回あるサーブを2回ともミスってしまい、自動的に相手にポイントが入ってしまうことですね。

1ゲームに3本もダブルフォルトをおかす!
なんていう失態もしていました。

 

サーブを入れようとすればするほど悪循環に

1度このサーブ恐怖症にはまると、なかなか抜け出せません。

「なぜか?」

サーブを、なんとか入るようにしようとするので、手が縮こまり、スイングをゆっくりにして、いわゆる置きにいく様なサーブになります。

置きに行くってわかりますかね?羽子板みたいなうち方になるイメージです。

こういった打ち方は、安定しません。また、仮に入ったとしてもリターンで打ち込まれます。
自分ではいつも通りに打っているつもりだったのですが、酷い打ち方になっていました。

 

サーブが入らなくなった時こそ、思い切って

何で気づいたかというと、試合のビデオ。
その姿を見て気づいたのが、サーブが入らなくなった時こそ思いっきり振っていく。ラケットヘッドを加速する。但し、ラケットヘッドを加速して、振り切るのですが、いつも以上に回転を意識する。

回転量が多くなると、スピードはなくなりますが、サーブが入る確率が大幅に上がります。

 

突然試合で、出来る事ではないので、普段からサーブに回転を多くかける練習をしておく事をオススメします。

良く、テニススクールでひたすら同じようにサーブを打っている人がいますが、はっきり言って強くはなりません。確り目的意識をもって、サーブ練習しましょう!

最後に、「サーブでびびったら、振り切って回転量を多くする!」

reportbanner

One Response to “テニス サーブが入らないなら回転を意識する”

  1. t より:

    役に立ちました^ ^

コメントを残す