テニス サーブのコースによるポーチの方法

先日、ポーチに出やすいサーブのコースについて記事にしました。
狙ったコースにサーブを打ち、相手のリターンが甘くなったところを前衛がポーチボレーで決める!ダブルスの王道と言って良いパターンですね。

記事を読んでいなければ、こちら。

その記事に対して、かなり良い質問がありました。

ここから会話形式で回答しています!!

 

ポーチに出やすいサーブとは

>ブログは長いこと拝見し、とても参考にさせてもらっていたのですが、コメントは初です

いつもブログを読んでくださり、有難うございますm(__)m

 

>僕は高2で、テニスをしていますアドサイドからのセンターへスライス、確かに有効だと思います。
ですがワイド、特にフラットでバック方向に逃げて行くサーブや、バックにキックサーブを入れてタイミングをずらし、腕の伸び切ったヘッピリ腰のリターンさせたりして、甘くなったボールを狙うのもいいと思うんです。

良い作戦ですね、アドサイドからは右利きのバック側へのサーブは必須ですから、更に磨きをかけると良いですね。

但し、ポーチに出やすいサーブかというと、実はそうでもないんです。

特にキックサーブをアドコートから打った場合、へっぴり腰になる事もありますが、上手い人だと、苦しくてもストレートにロブを上げてくるケースが増えます。キックサーブは、高く跳ねるので、高い打点からリターンをショートクロスに打ってくる可能性も増えます。

打点が高いと打てるコースは広がりますからね^^

 

キックサーブの場合は、リターンを打ってから、ポーチに出るかを判断して良いと思いますよ。フラットサーブをバックに入れた場合も、リターンが食い込まれた状態だと思いますから、浮いたリターンと判断してからポーチに出て間に合います。

センターにスライスサーブの場合は、キメ打ちポーチです。

リターンが浮こうが浮くまいが、コースを限定できるのでポーチに行って良い。そんな戦略です。

 

>センターだとクロスに軽くスピンロブをするだけで脅威に…
僕はリターンのときセンターにサーブがくるとこれをよくやります

この余裕さは、スライスサーブじゃ無いです(笑)

いわゆるゆる~い横回転がかかっているようなサーブ。
良く初心者さんが、サーブの確率を上げる為に、回転をかけるようなサーブですね。

本当に良いスライスサーブは、センターの良いコースに入ると、横に滑りながら、跳ねてきません。

 

スピンロブを打てるような余裕はほとんどありません。普通のロブは打てると思いますが・・・。

キレの良いスライスサーブがあると、ダブルスはとっても有利になりますので、是非練習してみてください。

 

>また、確立的にもワイドの方が入りやすい

なので僕は
僕は試合ではほとんどワイド、要所要所でセンタースライスという感じでやっています。
ueponさんの意見もよくわかるのですが、やっぱりワイドへの執着心が…。この考えやっぱり間違ってますかねぇ…。
直した方がいいんでしょうか?

 

いえいえ全く直す必要はありません^^

あくまで、ポーチに出るためのサーブとして例をあげただけです。

バックのリターンが甘くなったところを、ポーチに行くのはGOODな戦略です。

甘いリターンじゃなくてもポーチに行ける確率が上がるパターンを前回記事にしました。100%あっているとは言い切れませんが、草トーに沢山出場していて経験して成功した戦略です。

色々なパターンをペアと想定しながら、サーブのコースと球種を決めると良いですよ!!

コメントを残す