テニス サーブのコースは読まれてもサービスキープできないことは無い2

前回の記事では、サーブは同じコースに打っても、更にバレてしまっていても、必ずしもブレイクされるわけでは無いという話でした。

これは、サーブが苦手な方におススメの戦略ですが、無理に色々なサーブの球種やコースを練習するよりは、1つのことを練習し続けて、その確率を上げるのが、勝つための1つの方法です。

 

但し、相手にサーブのコースが読まれていれば、当然返球される可能性は高まります。重要なのは、返球されてからの対処ですね。

 

リターンされた後の次のショットが重要

返球された時、得意なショットはミスらず、チャンスがあれば攻めること。ストロークが得意であれば、サーブを打った後、無理にサーブ&ボレーに行く必要も無く、ストロークで対抗するのもあり。

但し、サーブは1つのことしか出来なくても、得意なストロークは、あらゆる方法で打てるように練習すると良い!

得意なショットだと、様々な球種やコースを短時間の練習でも打てる様になります。

 

私はボレーが得意なので、サーブのコースが読まれてもサーブ&ボレーをします。

ボレー

 

だから特にファーストボレーに関しては、非常に集中して練習します。
得意なショットだけに、練習量を増やして、対応できるようにしています。

 

攻め込まれても、得意なショットで切り抜ける

サーブがあまり得意ではないので、厳しいリターンが来るケースが多いのですが、厳しいリターンほどリズムがつかみやすく、良くファーストボレーができます。不思議ですね・・・。

本当は、練習時間が豊富にあれば、弱点を克服して強くなった方が、良いと思いますが、時間が無ければこんな方法でもテニスは強くなりますよ。

PS:
回転系サーブをマスターしたいのなら、この上達法がオススメ。
確率&スピードを自在に操る回転系サービス

reportbanner

コメントを残す