テニス シングルバックハンドの練習法2

前回の記事、テニス 片手バックハンドの練習法では、ギリギリに追いついたときの片手バックハンドの打ち方を説明しました。すると、片手バックハンドの練習法について、読者さんからいくつも良いメッセージを頂きました^^

私自身は、両手バックハンドなので、読者さんのコメントも是非参考にしてください。

いくつかご紹介します。

 

シングルハンド上達への参考意見

プロの動画チェックは効果あり

ill-check-m1-l

お久しぶりです^^

片手打ちのお手本として自分的にはトッププロの男子だったらフェデラーや女子なら引退しましたがエナンの片手バックハンドの、スピンやスライスが参考になるかと思いました(^O^)/

あくまで参考程度になのでYouTubeなどのスローモーションとかで見たらよりわかりやすく要点とか絞ってみられるかと♪

でも自分もueponさんと同じく両手バックなんですけどね(^人^)笑

 

YouTubeのスローモーションは確かに参考になりますね。

私も女子選手ですが、力強い片手バックハンドのエナンは、とても好きです。しかし、あそこまで振り切るのは、一般レベルでは難しいかもしれません。

見習いたいのは、テイクバックまでの準備の早さですね。バックハンドへのグリップチェンジが早いこと!!
やはり片手バックハンドは準備が早いのがポイントです。

エナンのスローモーションを参考までに
↓↓↓

 

シングルバックハンドは、体の開きに注意

ill-check-m1-l

僕はずっと片手なので分かるのですが・・・。
片手バックで大きくなってしまうのは、体が開いている、ということもあると思います。
面を合わせて触るだけでも返せると思います!

あ、ueponさんすみません(汗)

 

そうですね。

両手バックハンドだと多少、体が開いていても、上手く返球できるのですが、片手バックハンドは、体の開きを抑えて打つ必用があります。

腰と肩のひねりが大事ですね。

 

2対1で振り回し

ill-check-m1-l

よくコーチ仲間と”ちょうちょう”という練習をしました。

どういう練習かというとコートに2対1でベースラインにたち、2のほうはひたすら来た球を確実にクロス・逆クロスコートに返す、1のほうはストレートに返すというものです。ラリー版振り回しですね。

難点は3人ともある程度の技量がないといけないことですかね、、
でもランニングショットの練習になりますよ!

 

確かに、この練習法は良いですね。自然と振り回しになりますね。
ランニングショットの練習にもなって一石二鳥です。

 

私の場合、完全なダブルスプレーヤーなので、こういったストローク練習をほとんどしません。ですから、私自身がとても参考になりました^^

ストローク練習は嫌いなのですが、気が向いたらやってみたいと思います。

上記3つを実践していけば、確実に片手バックハンドで、振り回されても返球できるようになりますね。

意識を持っての練習は大事です。

reportbanner

コメントを残す