テニス シングルバックハンドの練習法

私は、バックハンドスライスは得意なので、その時は、シングルハンドなのですが、トップスピンやフラットなど普段のバックハンドはダブルバックハンドです。

個人的には、シングルバックハンドでのパッシングショットは、ダブルバックハンドよりも美しいと思っています。シングルバックハンドは、私の憧れです!ワウリンカのダウンザラインとか、惚れ惚れしちゃいます!

さて、今回は、シングルバックハンド(片手バックハンド)についての質問に対して、uepon流で回答します。

 

走りながらのシングルバックハンドを安定させるには? 質問&回答

Oさんからの質問

記事読ませて頂きました(^o^)

今更ながらにボレーの練習の重要性に気づかされました(^_^;)

これからはボレーの練習時は正面も練習していこうと思います(^_^)/

後、一つ悩みがあります。

これは随分前からなのですが、バックハンドの安定したストロークが打てません。特に、左右に振られて、速い球を打ち返したときにバックアウトすることが多いです。

片手打ちなんですが、どう練習していったらいいでしょうか?

man-hatena

 

 

abata回答

う~ん。片手バックハンドの悩みですか。なかなか難しいですね。

私は両手バックハンドなので・・・(汗)

とは言っても、その昔は片手バックハンドでしたし、私の回りは片手打ちが多いので、先日の練習時に聞いてみました。

 

聞いた人は、コーチ経験も5年以上あった人なので、参考になると思います。私の考えと、ほぼ一致していました^^

>左右に振られて、速い球を打ち返したときにバックアウトすることが多い

 

これは、体がバックハンドを打つポジションに入りきれていないので、ボールに抑えが効かずに、アウトしてしまうのだと思います。

特に片手バックハンドは、身体のひねりが必用なので、早めに打つ準備をして、軸足を決めて、テイクバックをしなければなりません。そうしないと、良い回転がかけられずに、バックアウトすることが増えるんですよね。

 

準備を早める練習方法

これを改善するのは、なかなか難しいのですが、左右に振られる場合は、走りながらもバックハンドのテイクバックの準備を完了するように練習しないといけないですね。

一番効果的なのは、つらいですが、振り回しですね (;^_^A

 

シングルスコート全体を使って、フォアとバックに順番に球出しをしてもらって、ひたすら返球する練習をすれば、自然とバックハンドのポジションを早く取れるようになります。

ただ、この練習は辛いですし、コートを全部使ってしまうので、反面を使っての振り回しでも効果があります。

 

あとは、私の得意な壁打ちです。

壁打ちの壁との距離を短くすると、壁から返ってくる球のタイミングが早くなるので、バックハンドのテイクバックを早く済ませておかないと、間に合いません。

こういった壁打ち練習を反復すると、早めのバックハンドの軸足決めと早めのテイクバック完了を身につけられます。

是非試してみてください^^

 

バックハンドスライスも効果的

もう一つの方法としては、バックハンドスライスを上手く使う事もありだと思いますよ。

左右に振られたボールは無理にスピンで返球せずに、スライスを上手く使うことで、体制を立て直していく上級プレーヤーは多いです。片手のバックハンドスライスは、左右に振られても、比較的準備の時間を少なく出来るので、オススメです。

私は両手バックハンドですが、左右に振られると片手のスライスを多用します^^

両手バックハンドプレーヤーですが、普段から片手スライスは練習するように意識しています。

【続編記事はこちら】

reportbanner

コメントを残す