テニス スマッシュのコツ

テニスのスマッシュは、チャンスボールなのに意外と難しいですよね。

プロは簡単に決めていますが、我々一般プレーヤーは高い確率でミスをしてしまいます。このスマッシュが上手いと、ダブルスは強くなる確率が非常に高くなります。

では、どうやったらスマッシュは上手くなるのでしょう。。。

 

上から落ちてくる物の距離感は取りづらい

スマッシュが得意な人は意外と多くありません。これは、人間は上から落ちてくるものに対して、取ったり、打ったりすることがもともと上手くないからです。

上から物が落ちてくることは、非日常的ですね。
スポーツ以外で上から物が落ちてくることって、そうはないですよね。

だから、目や脳が距離感がつかみづらいそうです。以前テレビでやっていました。

 

この距離感を養うにはどうしたら良いのか?
やっぱり練習しかないです。上から落ちてくるスピードや距離に、とにかくなれる事。

 

距離感を養うのには

ベストは、普段練習ではほとんど時間を割かないスマッシュの時間を多く取ること。
でも、これは意外と出来ません。

であれば、自分でボールを空中に上げて、ラケットを握る手でキャッチする。
こんな練習が有効です。投げるときは、普段のトスを思いっきり高く上げるイメージです。

取る際は、必ず肩より上でとるようにする。
これを常日頃からやっていると、スマッシュの距離感がつかみやすくなります。

 

あと、精神的なところだと、スマッシュは1発で決めようとしない!

無駄な力が入ってしまうので、1発目のスマッシュで決める必要はありません。2本目、3本目のスマッシュで決めるようなイメージであれば、肩の力も抜けて良いスマッシュが高い確率で打てます。

reportbanner

コメントを残す