テニス スライスサーブの感覚

これまでもそうだったのですが、サーブについての記事を書くと、とても質問などの反応が多い傾向があります。
私もそうですが、サーブについて悩んでいる人が多いって事ですね。

前回は、スライスサーブについて記事を書いたのですが、こちらの記事にも多くの質問が来ました。

【前回の記事はこちら】

それでは、その読者さんからの質問に対して、uepon流でまとめて回答します。

 

スライスサーブに関する質問&回答

Uさんからの質問

スライスサーブを左側から打つ時、エリアになかなか入らなかったり、スライスサーブを打つ時、飛距離が足りないのか、よくネットしてしまいます(T^T)

それってやっぱり手打ちorこすっているんでしょうか…?

man-hatena

 

abata回答

結論としては、こすりすぎの可能性はありますね。

こすりすぎの場合は、推進力無くなって、ネット前で失速してしまい、結果、ネットにかかる可能性が高いです。

 

巻き込むような打ち方ではなく、ボールの右側をラケットに角度をつけながら、しっかり打ち抜くようにすると、伸びのあるスライスサーブが打てます。

私の場合、スライスサーブの練習をする時は、なるべくネットにかからないように大きめに打ちながら、スライスサーブがどれくらい曲がるかを認識します。バックアウトしてしまうくらいの感覚で。

その軌道を確認しながら、徐々にエリア内に入れるように調整する。

こうすると、思った以上に曲がりすぎて、サービスエリアに入らなくなることは少なくなりますし、ネットのミスも減りますよ。

【関連記事】


次の質問です。

Nさんからの質問

トスの位置によって、スライスとフラットの打ち分けが出来ているって事でイメージしていいのでしょうか?

トスを身体の正面より若干右前にあげれば、普通にラケットを振り出しても(こすらずに、叩いても)、自然とボールの真後ろよりは右側に当たると考えていいでしょうか?

この辺りが自分自身で、ハッキリとイメージできないところなのでよろしくお願いします。

woman-hatena

 

abata回答

はじめのうちは、トスの位置で打ち分けするイメージで良いです^^

右側にトスを上げたボールを、自然と叩けば、ある程度スライス回転がかかりますので、正解です。

 

但し、普通に打つだけだと回転量が少なすぎると思いますので、ボールの右側を叩くイメージも必要だと思います。

それと、慣れてきたら、右側にトスを上げなくても、普通にトスを上げて、ボールの右側さえ上手く打ちぬければ、スライス回転はかかります。

そうすると相手に球種がばれにくくなりますので、いづれは挑戦してみてください。究極はフェデラーでしょうか。。。

素人目には、トスだけでは何サーブを打つのか全くわかりません。

 

最後にこんな質問もありました。

Dさんからの質問

僕はスピンサーブを打ちたいのですが、どうゆうあてかたをすればいいかわからないので教えてください

man-hatena

 

abata回答

これは、私の得意なスピンサーブの記事の時に説明しますね。それにしても、文章で打ち方を伝えるのって、なんて難しいのでしょう!

いつか自分の動画を公開なんて事もしたいですね。

でも、いつもテニスコートに立つと、写真を撮ることとか全く忘れて、テニスしちゃいます。ダメですね(笑)

PS:
文章ではなく、動画解説でわかりやすく回転系サービスをマスターできる方法はこれ
↓↓↓
回転系サーブ専門DVD講座

【関連記事】


コメントを残す