テニス スライスサーブの打ち方

スライスサーブは、初心者テニスプレイヤーでも比較的マスターしやすいですし、非力な女性でも打てる回転系サーブなので、是非ともマスターしたいサーブです。

さて、そんなスライスサーブに関して読者さんからの質問を頂いたので、uepon流で回答します。

 

カットサーブ?のコツ 質問&回答

Kさん(女性)からの質問

そして今あたしらはカットサーブ頑張ってます!!!
↑コツあったら教えてください。

ill-check-w1-l

 

abata回答

カットサーブとは、スライスサーブの事ですね。

この言葉の違いは大きいので覚えてくださいね。カットするイメージだと良いスライスサーブは打てません。
なぜか??

カットするイメージで打つと、回転がかかりすぎて、伸びのないサーブになっちゃいます。

 

伸びのあるスライスサーブは、どちらかと言うと、自然な横回転がかかっていて、空中ではナチュラルに曲がり、バウンド後に大きく曲がるイメージです。

こういった伸びのあるスライスサーブは、カットするのではなく、右利きの場合、ボールの右側を叩く感じです。こする感じではありませんよ。こすると、それこそカットサーブになります。

ボールの右側を、ちょっと斜めにラケットに当ててあげれば、勝手にスライス回転がかかります。

 

テニスのダブルスでは、とても使い勝手が良いサーブなので、是非ともマスターしましょう。続いて、スライスサーブを打つコースについて考えてみましょう。

【関連記事】

 

ワイドだけではない、スライスサーブの有効活用

スライスサーブコースですが、ワイドに打つ人が多いですね。コートの右側(デュースサイド)からサーブを打つ時に、リターンする人のフォアハンドへ逃げていくようなサーブです。
いわゆる角度のあるサーブ。

ほとんどの人がこのコースばかり打つのですが、実は、スライスサーブは沢山使い道があります。

例えば、同じようにコートの右側から打つ時に、センターへスライスサーブを打ちます。

そうすると、リターンする人の体に向ってくるサーブが打てるので、リターン側にとったら窮屈になります。
窮屈になると、リターンがしずらくて、リターンしても、強い打球が打てないケースが出てきます。

ダブルス巧者はこういったサーブを良く使います。

 

私も外に逃げるスライスサーブより、センターへ相手のボディーに食い込むサーブの方が良く使います^^

逆に左側(アドサイド)から打つ場合は、センターへ相手のフォアハンドへ逃げるスライスサーブを打つことが多いです。センターへのスライスサーブは、相手のリターン側が、角度をつけづらいので、リターンされた後のボレーのコースが読みやすいからです。

 

スライスサーブとスピンサーブで相手を動かす

コート左側からのサーブは、センターへのスライスサーブと、バックへのスピンサーブを打ち分けられるようになると、ダブルスでは、とっても有利に試合をすすめられるようになりますよ。

とにかく、こすり過ぎないスライスサーブをマスターして、コースもフォアハンドへ逃げるだけじゃ無い事を意識しましょう!

PS:
今、私もスライスサーブは強化中ですよ^^
⇒ スライスサーブも、徹底解説。回転系サーブ上達DVD

【スライスサーブに関する続きの記事はこちら】

コメントを残す