テニス スライスサーブを打つコツ

サーブの記事を書くと、いつもそうですが、メッセージや質問が多く届きます。やはり、サーブを課題にしている人が多い証拠ですね。私もですが…。

さて、スライスサーブに関する質問がありましたので、uepon流で回答します^^

 

スライスサーブの打ち分け方について 質問&回答

Eさんからの質問

いつも参考にしてます!!

いつも思う疑問なんですけど
1.ネット越えるまでに曲がるスライス
2.バウンド後に食い込むスライス
って打ち方どー違うんですか?

woman-hatena

 

abata回答

テニス初心者さんや、スライスサーブを一生懸命打とうとしている人は、1番の「ネットを越えるまでにスライスサーブ」が多いですね。

サーブを打った後、空中で良く曲がるんだけど、バンド後、「滑る」というよりは、ちょっと失速してしまうようなスライスサーブです。

 

これは、「スライスサーブを打とう打とう」という気持ちが強く、巻き込むようなサーブになっている場合が多いです。

ボールに対して、リンゴを剥く様なラケットの動きです。
この動きがわかりやすいですね。

 

伸びのあるスライスサーブを打つには

一方バウンド後に「滑る」「食い込む」スライスサーブは、フラットサーブに近い感覚なんですが、ボールの右側(右利きの場合)をスパッと打ち抜く感じです。リンゴの剥き方に例えると、
リンゴを剥くのではなく、右端を包丁でスパッと切る感じ。

 

もう1つ例えると、ビリヤードの球ですね。ビリヤードで球の右端を狙って、自分の球を当てると、当てられた球が左方向に飛んでいきます。あの感覚に近いです。

ラケットをボールの右側を弾くように当てると、ボールは自然な回転がかかりながら左側に飛んでいく。

こういったイメージです。

 

この右側をスパッと切るスピードや角度を色々と変えながら、スライスサーブを打っていると、
「こんだけボールの右側を強く打つと、これだけ回転がかかる。」

みたいな感覚がだんだん付いてきます。是非、沢山試しながら、スライスサーブの感覚を身につけてください。

 

2種類のスライスサーブを効果的につかう

ちなみにリンゴを剥くような、伸びのないスライスサーブも、試合中にタイミングを外すためのサーブとして有効に使えます。

多発しない方が良いですが、これはこれで使える場面もありますので、相手のリターンがどんぴしゃりあっている時なんかに、フェイント気味に使ってみてください。思わず、相手のリターンが甘くなったりします。

スライスサーブは、ダブルスでは大きな武器のひとつになるので、マスターしたいですね!

PS:
回転系サーブをマスターしたいのなら、こちらのサーブ専門DVD上達法が効果的
確率&スピードを自在に操る回転系サービス

2 Responses to “テニス スライスサーブを打つコツ”

  1. 匿名 より:

    ラケットの持ち方も教えていただけたら嬉しいです。

    • 管理人 より:

      コメント有難うございます。

      スライスサーブのラケットの握り方は、サーブの基本の握り方で教わるコンチネンタルグリップが適切で打ちやすいです。
      私の場合は、基本のコンチネンタルグリップより、少しだけバックハンドよりに握って、回転が多くかかるようにしています。
      (テニスの上級者で同じ様にバックハンドよりに握る人は、意外と多いです。)

      とは言え、まずは、包丁を握るような感覚と言われている基本のコンチネンタルグリップから練習することをオススメします。

コメントを残す