テニス ダブルスでのサイド選び

ダブルスをやっていると、ペアとどちらかのサイドを決めなければなりません。
私は、よっぽどの事がない限りは、フォアサイド、正式にはデュースサイド?を担当することが多いです。

フォアのクロスショットが比較的得意なので、ダブルスを良くやり始めるようになった時に、デュースサイドを担当することが多かったのですが、それ以来、慣れてしまってほとんどデュースサイド担当。

 

デュースサイドでのリターン

デュースサイドでまず気をつけなければいけないのが、リターン。

特にデュースサイドは、右利きの切れるスライスサーブを打たれる可能性が高いので、スライスサーブをリターンするときに、コートの外に追い出されながら、上手く相手前衛に取られることなく、リターンする必要がある。

それと、バックハンドの逆クロスへのリターン。バックの逆クロスショットは、ちょっと難しいです。

どちらもデュースサイドでは必須のショット。

 

デュースサイドの特徴

それと、デュースサイド(フォアサイド)は、ポイントを落としてもバックサイドで挽回してくれる可能性があるので、比較的安全にというよりは、攻めやすいサイドでもあります。

仮にポイントを失ってもバックサイドで挽回してくれるかもしれないので。
いつもダブルスのペアにはお世話になってます(笑)

 

したがって、リターンでストレートロブや、ストレートアタック。

ショートクロスなんかで相手の陣形を崩すようなショットを、ここぞと言う時に仕掛けられるように、普段から練習しておきましょう。

ちなみに、デュースサイドは攻め、アドサイド(バックサイド)は守り、のテニスをする人がやると強いといわれる事が多いですね。

が、私は「どっちでもよいかなぁ~」と思います。それよりもお互いの得意なサイドを任せたほうが絶対に強いですね。但し、違ったタイプが組むと強いという考えは、私も同感です。

 

攻めタイプと守りタイプが組んだペアはなかなかいつも手ごわいです。ところで、私達のペアは?というと、2人とも守りペア。超弱そう・・・でもなんとか勝利しています。

reportbanner

コメントを残す