テニス ダブルスでのロブの対策

ダブルスでのロブの対策について話したいと思います。
ロブというのは、相手の前衛を山なりで抜くようなボールですね。

これから紹介する私の対策の考え方は、思いっきり個人的な意見。一般的では無いと思いますので、参考程度にしてください。

でもこの考え方にして、試合で勝てるようになったのも事実!

 

ロブを恐れてはダメ

良いロブが打たれたら仕方ない。抜かれても良しとする。

このルールは、私が長年ダブルスを組んでいるペアと決めたルールです。
ロブを恐れて、ネットに詰められない事がない様に、ロブで抜かれる事はお互い良しとしました。

 

二人でネットに、おもいっきり近づけば、コートの後ろが空くので、ロブは打たれやすくなります。ロブでのポイントも取られやすくなるでしょう。

しかし、それでも相手にプレッシャーをかけるため、ネットの前に仁王立ちする方を選択した方法です。

ロブを打ったら、「相手が逃げた」と思い込むようにします。(本当は違いますけどね・・・)

でも、届くロブは確りスマッシュしたり、ハイボレーで返すことに必死になります。またロブで抜かれても最後まで走って追い続けます。

 

良いロブは、そうは多くない

ある程度、犠牲にするところを作ってしまうような極端な事をやりますが、意外と良いロブを打つのは難しいんですよね。
特にネット前でプレッシャーをかけていると。

私達のペアは弱いペアなので、強いペアに勝つためには、色々とやってみて立ち向かうようにしています。

こんな事、書いてますが、試合の展開を変えるのにロブは重要なので、練習するようにしましょう。

このプログラムにはロブを使う局面なんかも、実践的に解説されてますよ。

テニス草大会女王 杉山貴子のダブルス必勝プログラム

 

reportbanner

コメントを残す