テニス ダブルスでの練習意識を変える

前回は、ストローク練習ばかりしているペアに対するダブルスが強くなる為に課題1を紹介しました。
ストローク力だけあっても、なかなか勝てないのがダブルスなんです。

読んでいなければ、こちらをご覧ください。

こうする事で、自分たちは何の練習をもっとしかえればならないのか?

を理解して、練習のやり方を変えはじめます。では、続いて課題2です。

 

上手い人や目標とする人の練習風景を観察する

多くの人は、上手い人の試合は良く見ています。
しかし、練習風景はあまりよく見ていません。観察していません。

目標としている人、1人だけで良いので徹底マークして、練習風景や発言、コートサイドで何をしているのか?こういったことを観察すると、気づきがあります。

 

例えば、ダブルス巧者だと、ストローク練習はほどほどにして、さっさと試合形式の練習をしたりします。

もしくは、ストローク練習しているのに、ボレーに出る割合が異常に多いとか。何かをテーマにして徹底的にやっていたり。
後はやはり、サーブとリターンの練習を重点的にしていたり。

とにかく良く見ていると、自分たちとの違いが出てきます。

 

同じ練習をしていても、試合を意識して、違う動きをしていたりするんです。

こういったことを、普段の練習で注意深く見るだけでも意識が変わってくるので、課題として出しました。

 

気づいたことは、必ず試合に生きる

ダブルスが強くなりたい2人は、最近ダブルス巧者を良く観察していますね^^

1人は、ダブルスが強い人のリターンを見て気づいた事は、

「リターンの球は凄く遅いけど、球が浮かない。的確に相手のファーストボレーをローボレーで打たせている。目立たないけど上手いなぁ」

はい。これを気づいただけでも、攻撃力20%アップです(笑)
球が速くて目立つだけが、強い訳じゃ無いですからね。

 

それと、この2人には、私がオススメしているDVD上達法をすすめました。

やる気が凄くあるので、2人で1本を購入(笑)
1週間に1回交代で見るそうです。

私が何故?この上達法をすすめるかと言うと、この上達法の重要ポイントとして2つ

  1. サービスゲームにおけるキープ率を高めるための戦術・戦略
  2. リターンゲームにおけるブレイク率を高めるための戦術・戦略

上記をダブルスが強くなる為に重要視している点が、私の考えと全く一緒のところです。

 

さすがは現役で試合に出場している右近コーチ。頭でっかちの理論でないところが、実践的で良いんです。

2人にすすめたダブルス上達法はこちら
↓↓↓
試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~

reportbanner

コメントを残す