テニス ダブルスでは、遅いリターンが効果的

ダブルスの強くなる方法は、今回よりサービスリターン編に移ります。

サーブが苦手な私ですが、テニスの中でもリターンは、比較的得意としているところです。と言っても、ある1つのダブルスのリターンのみですが。

 

基本は足元

ダブルスのリターンで大事な事と言えば、何を思いつきますでしょうか?

  • スピード?
  • バラエティにとんだリターン?
  • 前衛アタック?
  • リターンダッシュ?

確かに全てあったら良いと思いますが、すべてを完璧に身に着けるには、非常に多くの練習時間が必要になってきます。

 

スピードの速いリターンは、サーバー側にとって怖いかと言うと、テニスが上達すればするほど、そんなに怖いものではありません。

速い球ほど、ボレーもあわせやすくなったり、リターンエースが決まっても

「仕方ない、速い球のリターンはずっと入り続けるはずが無い」

と思うため、それほど脅威と感じないのがダブルスを得意としているプレーヤーの意見として多いです。では、逆の視点で、サーバーにとって何が嫌かと言うと、

「足元に正確に返ってくるダブルスのリターン」

これです。良くテニス雑誌にも書いてありますよね。

 

足元のリターンの嫌らしさ

足元にリターンが返ってくると、サーバー側は嫌なものです。ローボレー、ハーフボレーは難しいですからね。

また、足を深く曲げるので、疲れます。球のスピードは無理に上げる必要は全く無し!

私は、リターンの時にとにかく球のスピードは落とすことを意識しています。なぜなら、球が遅い方が、重力の影響でネットを越えてから落ちていくので、相手の足元におさまりやすいから。

リターンは遅く打ちながら、相手の前衛が届かないように打つのは、結構大変ですが・・・。

 

よって、私は相手の足元にゆっくりと返球するリターンしか練習しません。いつも通りの、選択の集中と効率化です。
余計なことをしないで、これだけを極めようとしています。

この遅い球のリターンは、相手の陣形が崩せますので、結構オススメです。
相手にバレバレデも大丈夫です!相手が強打できそうで出来ないので。

ただ、いくつかポイントがあるので、また次回話そうと思います。

PS:
サービスゲームとリターンゲームの戦い方がわかる!動画でわかりやすく解説されているテニス上達DVDの決定版。
試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~

reportbanner

コメントを残す