テニス ダブルスでポーチされにくいショットとは?

ポーチボレーが上手いペアは、相手にとって脅威になるので、是非ともマスターしたいショットの1つですね。
今回は、ダブルスのポーチに関する質問も読者さんから頂いたので、uepon流で回答です^^

 

ポーチされにくいショットとは? 質問&回答

Mさんからの質問

失礼します。初めてコメントします。

駄質問、させてもらって良いですか?

>相手前衛にポーチされないところに打つ
コントロールが大事!

これなんですが。過去の記事に書かれてるかもしれませんが、まだ見つけられてません。
すみません。教えてくださいませんか??

ポーチされない球とは、前衛の頭の上を越えるロブ、ネットスレスレの球とか、ベルトに近い位置の球とかですか?
私はよく、ポーチに出られるのを気にしすぎてしまう癖があるらしく、ペアに「ポーチに出られても良いから、それを拾うつもりで」って言われます。それも、アリですか?

すみません・・・低レベルな質問でm(u_u)m

woman-hatena

 

abata回答

全く低レベルな質問ではないですよ。むしろ私の記事の書き方が低レベルでしたねm(__)m

>相手前衛にポーチされないところに打つ

100%ポーチされないショットなんて無いですね。

>相手前衛になるべくポーチされないところに打つ

が正解ですね。

 

では、果たしてなるべくポーチされにくいショットとは、どんなショットでしょう??

それは、相手にコースを読まれない打ち方から繰り出されるショットです。
スピードの問題ではないですね。

相手がコースを読めなければ、なかなかポーチに動くことが出来ません。相手前衛は、ちょこまかと動いていても、コースを読めなければ、思い切ったポーチはしづらいものです。

 

コースが読めない打ち方とは?

ところで、コースが読めない打ち方とは、どんな打ち方ですかね?

例えば、あなたが前衛にいたとして、相手が打ってくるコースが全くわからない人の打ち方をイメージしてください。
その打ち方がコースが読めない打ち方です。

私の場合、腰がしっかりひねられていて、肩がアゴの下まで入っているフォアハンドとバックハンドは、どこに打って来るのかがわからないので予想しづらく、ポーチに思い切って出ることが出来ません。

 

あとは、あんまり打ち方が変わらないのに、足元に沈める球と、ロブを打ち分けるような人。こういうタイプで、前衛の手の届きづらいところに、コントロールしてくるショットは、非常にポーチしづらいです。

逆に打つコースごとにはっきりとフォームが違って、いつも速い球を打つような人は、ポーチの餌食になりやすい。

私もこういう人が相手だと、すっごく楽です。
「どんどんムキになって打って来い!」
と内心思っています。

 

ポーチを気にしすぎるとミスが増える

>私はよく、ポーチに出られるのを気にしすぎてしまう癖があるらしく、ペアに「ポーチに出られても良いから、それを拾うつもりで」って言われます。

この意識は「あり」ですね。

 

前述したとおり100%ポーチされないショットは難しいので、ポーチされたら、次の球をとってやる気持ちは大事です。

とにかくショットを打ったら油断せず、ポーチが来ても慌てず対処できる準備はしておきましょう。

 

ポーチを気にしすぎて、手が縮こまって、ネットに引っ掛けたら、どうにもなりません。
ポーチを恐がり過ぎずに、なるべくコースを読まれないことを意識しながら、ショットを打っていきましょう!

PS:
ポーチについての解説がとても豊富!
ダブルスの戦術をマスターしたいのなら
「ダブルスを勝ち続けるための絶対戦術フルセットコース」

reportbanner

コメントを残す