テニス ダブルスで勝つ鉄則

テニスのダブルスは、1+1=3になる。
どこかで聞いた事ありませんか?

ひとりひとりのプレーヤーは、それほど強くはないけど、その2人が息のあったダブルスをする事で1+1が、3にも4にもなっちゃいます。

そんな「ダブルスでのペアとの息の合わせ方」について質問があったので、紹介します。

 

ダブルスの連携を強化するには何をする? 質問&回答

Uさんからの質問

ところで少し前に、W中との団体戦をしました。ダブルス2で出場し、6-2で勝ちました。

しかし、先生には、個人プレーを2人でやってるだけと言われました。
ダブルスの鉄則みたいなのを箇条書きで僕のブログにかいていただけますか?

man-hatena

 

abata回答

テニスのダブルスペアで、個々のシングルスが強くて、ダブルスが強いペアもいます。

これって当然ですね。テニスが上手いから。ダブルスについて、あまり深く考えなくても、1+1=2の原理で勝ち上がるペアもいます。

じゃーテニスのダブルスの場合、

「シングルスが強い2人が組むと強いじゃん」

と思われると、確かにそうですが、そうとも言い切れません??

 

シングルスでは実力の劣るペア同士が、ダブルスでは強いケースがありますね。それは、1+1=3にも4にもなる可能性があるからです。

では、どうやれば良いのか?
まずは、「意識」。

 

パートナーを意識する

シングルスだと、

「自分が決める」
「相手にミスをさせる」

この2パターンしかありません。

ダブルスだと、これに

「ペアに決めてもらう」

これが加わります。

 

この意識を強くもてるようになると、ダブルスでは強くなれますね。では、「ペアに決めてもらう」為にはどうするのか?

まず、ペアの得意、不得意を把握します。

ペアを良く観察する事と、良くコミュニケーションをとる事が必須!
そうすると、ペアの得意、不得意が見えてきます。

例えば、ペアがスマッシュが得意であれば、試合の相手にスマッシュボール(ロブ)を打ってもらうように試合中に仕向けていくわけです。

ペアがポーチボレーが得意であれば、ポーチに出やすいように、自分がショット打つ時にコースを考えながら、を打つわけですね。

 

戦術を駆使する

こういった意識を持ち出すと、自然に実践するようになるのがダブルスの戦術です。

「なぜダブルスの戦術なの?」と思うかもしれません。

これも実例をあげると簡単にイメージが出来ます。

「自分のサーブをセンターにスライスサーブで打てば、相手のリターンはセンターに返りやすい。そうしたら、ポーチの得意なA君に決めてもらおう」

とか、

「ストレートにロブをあげると、必ず相手もロブで返してくる。そうしたらスマッシュの得意なA君に決めてもらおう」

などと考えるようになってくるわけですね。

 

そして、そのイメージどおりのポイントが取れる割合が多くなってくると、

1+1=3
1+1=4
・・・・・

などとなってくるわけです。
「ペアに決めてもらうにはどうしたら良いか?」
の意識を強く持つ。まずは、そこからはじめると良いですよ^^

 

すると同時に戦術も学びたくなる。私の使っている戦術は、ほとんどこちらに動画で収められています。

動画なので、文章よりもわかりやすい。
ダブルスで勝つ戦術が視覚で学べる。

それではまた。

reportbanner

コメントを残す