テニス ダブルスで遅いスピンサーブの使い方

サーブに悩みを持っているテニスプレーヤーって多いですよね。

そんな事を言っている私も、サーブは大の苦手です。速いサーブは打てないので、ノータッチエースなんてありません(悲)

しかし、簡単には相手にブレイクされもしない!
不思議なサーブです(笑)

 

遅いサーブでもブレイクされない理由

恐らくシングルスでは、大きな弱点となると思うのですが、ダブルスだと遅いサーブでも何とかキープできます。逆に私の場合、速いサーブを打つとポイントを失う事が、多いんですよね。

それはなぜか?

 

私はダブルスの場合、というか100%ダブルスしかしないので、全てそうなのですが、サーブを打ったらネットにつめます。いわゆるサーブ&ボレーってヤツですね。

速いサーブを打つと、ポイントをサーブで取れる可能性は高まるのですが、逆に相手のリターンが速くなって、ファーストボレーでミスってしまう可能性も高まります。

 

私の場合、サーブが得意ではないとわかっているので、サーブよりもファーストボレーに重点をおきます。

だから、自分のファーストボレーのポジションがしっかり取れるように、あまりサーブは速く打ちません。(打ちませんではなく、打てませんかな)

回転系のサーブを多用します。

 

回転系サーブのメリット

遅いサーブで回転をかけると、ファーストボレーがローボレー、ハーフボレーになる事が増えます。が、ボレーが得意だと、あんまりミスしません。

確かにファーストボレーでポイントを取るのは難しいですが、まずは返球して、次のショットの準備をします。

 

このファーストボレーのポジションが上手く取れないと、ボレーをミスっちゃうんですよね。だから、サーブはスピードを上げすぎず、ある程度の回転をかけながら、確率を上げることに徹しています。

サーブがどうしても苦手というのなら、こんな考え方もあると頭の片隅にでも入れておくと、安心してサーブが打てるかもしれません。

 

でも、シングルスだと厳しいかなぁ~。
良いサーブを必死に練習した方が良いかも。

でも、安定しないと試合に勝てないし。。。なかなか悩みどころですね。

 

最後に

私の場合はダブルスしかしないので、スピードよりコースを極めたいですね。

コースに打てば、返球されたリターンがちょっと甘くなって、前衛がポーチで決めてくれたりしますからね。

但し、時々草トーにも日本ランク(JOP)200位以内みたいな人が出場してくるんですが、そういった人には遅いサーブは厳禁です。

とんでもないリターンが100%近い確率で返ってきます(汗)
その時は、私も一か八かのスピードサーブを混ぜていますよ!
なかなか効きませんが・・・

今日は、私の謎のダブルスサーブ論でした。

PS:
回転系サーブをマスターしたいのなら、こちらのサーブ専門DVD上達法が効果的
確率&スピードを自在に操る回転系サービス

reportbanner

コメントを残す