テニス ダブルスのサーブを打つポジション2

さて、昨日書いた記事「サーブのポジション」ですが、大きな反響がありました。
色々なご意見を頂きまして、本当に有難うございます。

私のポジションに否定的な方もいらっしゃいましたが、その意見は正しいですね。

 

こういった意見を言える人は、ご自身のサーブのポジションを考えながら打っている人です。
自分の意見が言える人は、既に強い人もしくは、これから強くなる人だと思います。

問題は、何も考えずにサーブのポジショニングする人ですね。

 

何も考えていない方は、

「ここからサーブを打つと、どんなメリットがあるのか?どんなデメリットがあるのか?」

を一度考えた方が良いと思います。

 

センター寄りのサーブのデメリット

私のサーブのポジションは、センターよりなのですが、確かにデメリットがあるのですが、私の中では、それは良しとしています。

デメリットとしては、センター側からサーブを打つと、相手がリターンをする時に、サイド側が空いてしまいます。

相手のリターンがサイドに確り入ったら取れません。
このデメリットは、私は良しとしています。

相手が上手いのだから、褒めちゃいます。(こんな事だから、最近優勝できないのかな??)

 

リターンをサイドに打つという事は、サイドアウトの危険性もあるので、相手もある程度リスクを負ってリターンしてきます。

ミスの可能性のある、サイドを打ってきて、入ったら仕方ない。僕は、そんな極端な考えです。もともと、サーブが強烈ではないので、ある程度割り切っているんですね。

 

センターへのリターンは徹底してとる

その代わりに、絶対にポイントを取られないようにしているのがセンター側。

ここは、ガチガチに拾うようにします。壁の様に返す。

「センターは絶対に抜かせねー」

と言った意識です。センター寄りからサーブを打つと、センターの球は、当然取りやすいですから。何で、こんなにセンターを意識するかというと、自分が相手にやられて嫌だから。

 

相手ペアがセンターを抜けない、ミスしないダブルスペアには、どうしても根負けして、サイド側に打ちたくなってしまうんですよね。

そうすると、サイドアウトの危険性が増してくる。負けパターンにはまる可能性がある。

だから、自分がされて嫌な事をやっている。こんな感じです。

 

テニスは頭もつかうスポーツ

私達のペアは、極端かもしれませんが、毎日練習しているコーチや、体育会系の大学生に勝つ為に、色々と考えてます。

決して、このサーブのポジションンを真似をした方が良いとは言えませんが、テニスを上達したいのであれば、常に考える意識は持った方が良いですね!

テニスは、体力だけでなく、戦略も大事ですから。インテリジェンスなスポーツですね^^

reportbanner

2 Responses to “テニス ダブルスのサーブを打つポジション2”

  1. Red より:

    最近(ここ半年)ほど、サーブをセンター寄りで打つようにしてから、サービスキープの確率が上がったように思います。

    1つは、前の記事で言われていたようにセンターへのサーブが打ちやすくなったこと。

    もう1つは、ファーストボレーへのいい影響だと思います。

    私の場合、レベルの割には強力なサーブを持っているネットプレイヤーです(ただし波がある)が、その割にキープ率が悪いのが悩みでした。ファーストが入らない時はしょうがないとして、結構いいサーブが行っている時でも、ファーストボレーでミスるのです・・・。

    シングルスラインの辺りからサーブを打ってましたが、多いのが、正面に低い球がきた時足が狭くそろってしまい詰まってしまうミスと、アングル系の球がとれないことでした。

    センターからサーブを打つと、少し外に向かってネットダッシュするのでボールの飛んでくる方向に斜めに入る格好になるせいか、足は開いた状態でボレーしやすい気がします。また、センターのサーブの比率が多いのでアングルにはそもそも来にくいし、来たとしても、元々外に向けて走っているので、意外とサイドからサーブを打って内側向かってダッシュしてる時より反応しやすい気がします。

    ということで、サーブはセンターから、に1票。鈴木貴男選手も、著書で、「プロはダブルスでもセンターからサービスを打つ」と書いたのをみた記憶があります。

    • 管理人 より:

      ダブルスでもセンター気味からのサーブは、意外とメリットがありますよね。
      鈴木貴男選手も、センターからのサービスをすすめているとは、嬉しい限りです。

      良い情報をありがとうございました。

コメントを残す