テニス ダブルスの前衛で意識すべき事

私自身がダブルス専門プレーヤーのせいなのか、徐々に読者さんがダブルスに目覚めてくれているような気がします。

今日も読者さんからの質問に回答するのですが、この方は、なんと!!
ダブルス専門プレーヤーを目指しているみたい!

私が原因ではないともいますが、専門でやる事で勝てる可能性は高まりますので、意外とオススメですよ。

それではここからテニスの質問に対して、uepon流で回答します。

 

ダブルスの前衛で意識すべき所 質問&回答

Nさんからの質問

いつも参考にさせてもらってます。

私もダブルス専門に突き詰めてます。
苦手なのはサービスゲームの前衛…
相手のリターンのリズムの変化に対処が遅れてしまいます…
意識をどこにおくと改善できますか?

man-hatena

 

abata回答

私が意識するのは、リターンするプレーヤーの体勢や、ラケット面ですかね。

一瞬で観察して、ある程度コースと球種を予測します。予測したら、即行動に移します。
迷いは禁物!

 

どういう事かというと、例えば、自分のペアのサーブが相手のバックに入るとします。

相手がスライスで打ち返す構えをしたら、想定される球種とコースは、

  • 球種は、ほぼスライス
  • スライスはリターンが早く打ちづらいので、ポーチされないように、ややショートクロス気味に狙ってくるだろう。
  • いや、スライスでのロブもコースとしてありうる。
  • 打点が体に近ければ、ロブの確率が高いかな?
  • スライスは、スピードを出すのが難しいので、ストレートに打つことは出来ないだろう。

 

こんな想定を一瞬で行い、ケアすべきポイントを決めます。

この場合、ストレートにパッシングショットを打たれる可能性は、ないと決め付けて、私の場合ポーチに出ます。

 

もし、想定している選択肢のひとつであるロブが打たれて、コースが良かったら、ポーチに出ている自分では取れないので、ペアの相手にとってもらいます。

スライスのロブは落下が遅いので、ペアがとっても間に合います。
こんな予想と、対処を行いながら自分がポイントを取れる確率の高い、動きをしていきます。

 

予測が違った場合

もちろん想定どおりいかない場合もありますが、それは、それで良しです。

ポイントを失っても、それより多くポイントを取れば、勝てるスポーツがテニスですから。

自分の予想が外れて、ポイントをとられる事を恐れて、ただ突っ立ている前衛は、正直言って邪魔です。

確り予測を立てて、相手にプレッシャーをかけるように動く。
これが大事ですね。

 

予測の立て方は、リターンを自分に置き換えると、わかりやすいです。

「相手のサーブがフォアハンドの遠いところに来ちゃった場合、自分ならどこに返せるのか?」

「体に食い込むようなサーブが自分に来た場合は、自分ならどこに返す可能性が高いか??」

こんな事を想定すると、自分が前衛にいるときに、「相手がどこに打ってくる可能性が高いのか?」大体つかめますよ。

リターンする人の体勢、ラケット面を見て、確り予測し、動きましょう。

 

最後に

何度も言いますが、予測は外れることがあります。が、何もされないより、動かれた方が、相手は嫌なものです。

そうすると、次のポイントが取れる可能性が高まる。
トータルでポイントを多く取れば、テニスは勝てます。

積極的な戦略で、1ポイントを失点することを恐れないように!

PS:
ダブルスの戦術を短期間でマスターするには、動画でパターンを覚えてしまえ!
「ダブルスを勝ち続けるための絶対戦術フルセットコース」

reportbanner

2 Responses to “テニス ダブルスの前衛で意識すべき事”

  1. プラスル より:

    テニスの前衛をしております。前衛のプレッシャーと後衛のプレッシャーどっちが高いのですか?

    • 管理人 より:

      コメントありがとうございます。

      ダブルスですと、どちらかと言えば、前衛がプレッシャーをかけたほうが相手にとって嫌ですね。
      少なくとも私は嫌です。

      前衛の動きが激しかったりすると、気になってしまってミスをしてしまうことも増えますので、前衛の動きはダブルスにおいて相手に大きく影響を及ぼします。
      強いダブルスペアは、前衛のプレッシャーのかけ方が上手いですからね。前衛の役割は非常に大事ですね。

コメントを残す