テニス ダブルスはコントロール重視

先週末に、テニスの練習をしました。

10年ぶりくらいに、以前良くテニスをしていた方と練習をしたのですが、相変わらず上手かった。
ちなみにこの方、年齢は53歳。まずまずのベテランプレイヤーです。

最近は、試合にも参加せず、完全に趣味としてテニスをやっているらしいのですが、練習した4人の中で、1番テニスが上手いし、強かった。

親父

 

ベテランプレイヤーは、ここが違う

何が凄いかって、ショットのコントロールの良さと、打つコースがギリギリまでわからない事。球のスピードはさほど無いですが、

「テニスのダブルスは、やっぱりコントロールが大事だな~」

と改めて思いましたね^^

相手の動きを見ながら、ショットをコントロールできるって、本当に強いですよね。

 

私は、この方の対戦相手だったのですが、ロブを追いかけたり、ドロップショットを必死に取りに行ったりと、とにかく疲れました。そのたんびに、この53歳の大ベテランが笑っているんです・・・。

「悔やぴーーーー」

って感じです。

 

打つコースを相手にわからないようにするために

で、この方に、打つコースを直前まで相手にわからないようにするショットの練習法を聞いてみたところ、面白かったです。

その回答は、

「自分が打つショットのコース直前まで決めないようにすれば良い」

との事でした。

意味わかります?私は、はじめはわかりませんでした。

 

どういう事かというと、打つ直前までコースを変えられる様な、打ち方を、練習時から常にやっておくそうです。

例えば、はじめはクロスに打とうと思うボールを、打つ直前で、自分の意識で急にストレートに打つように変える。
なんて事を練習中にやるそうです。

意味わかります??

 

もっとわかりやすい練習は、球出しをしてもらい、自分が打つ直前に球出しをしている人に、

「ストレート」
「クロス」
「ロブ」

と言ってもらう。

打つコースを指定された瞬間に、指定されたコースや打ち方で、ボールを打てるようにする。
はじめはゆっくりでも良いそうですが、だんだん早くする。

また、ストロークだけでなく、レシーブでもボレーでも練習する。

こうすると、コースが直前までわからないうち方がマスターできるそうです。

 

なんか、達人って感じですよね。早速、私も練習で挑戦してみます!
それではまた。

PS:
ちなみにこの方、体脂肪率8%のお化けみたな中年おじさんです。
過去の草大会ダブルス優勝回数は20回以上です。

reportbanner

コメントを残す