テニス ダブルス専門のバックハンド

さて、突然ですが、あなたはテニスのリターンの時に、グリップは「バックハンド側で待ちますか?」
それとも「フォアハンド側で待ちますか?」

 

実は私は、その昔バックハンドの持ち方でリターン時に備えていました。ところが、ダブルス専門プレーヤーになってからは、フォアハンドのグリップで待ち、バックハンドもフォアハンドのグリップのまま、ダブルバックハンドで打てるようになりました。

 

つまり、グリップを握り替えないって事ですね^^

ダブルバック

 

リターンで握り替えないメリット&デメリット

フォアハンドのグリップは、一般的な表現をすると厚めのグリップ(セミウェスタン)で、はじめはそのグリップのままバックハンドを打つなんて事は全く出来ませんでした。

 

しかし、ダブルス専門プレーヤーとなり、リターンをしてからネットに詰める、リターン&ダッシュを多用するにつれて、リターンの持ち方が進化して、バックハンドもフォアハンドの握りで打てるようになってしまいました。

この打ち方の利点は、とにかく握り替えが必要ないため、瞬時に打ち返せる事。

リターンの時は、前で打てるようになる。

デメリットは、ストローク戦になると、打ち負ける。あまり強いショットが打てません。

 

デメリットを隠す極端な方法

そこで私が取った作戦は、ストロークを捨てる。。。

弱い者が強い者を倒すために、苦手なものはばっさり切り捨てました。

おかげ様で、リターンの球自体は全く速くないのですが、打つタイミングは早い為、結構ダブルスでは、有効に活用しています。興味があったら、練習してみてください!!

 

但し、シングルバックハンドではかなり難しいです。いやー完全に無理かな??
ダブルバックハンドなら試してみましょう。

reportbanner

コメントを残す