テニス ノーアドバンテージでの注意点

ノーアドについて、結構苦手にしている人から、メールやコメントを多く頂きました。たしかにこのノーアドバンテージの試合は、最近増えましたから、勝敗に大きく左右しますよね。

ノーアドバンテージについて、知らない方もいると思いますので、簡単に説明すると、アドバンテージがない。超簡単すぎ(笑)

でも本当にアドバンテージがないだけ。デュースになったら、リターン側がデュースサイドorアドサイドどちらかを選択できて、かけひき無しの1本勝負!

 

ノーアドバンテージが導入される理由

このノーアドバンテージルールのメリットは、なんといっても試合時間の短縮。

 

大会を1日とか2日で終わらせるためには、ある程度仕方ないかもしれないけど、このノーアドはなかなかの曲者です。

で、相談されておいてなんなんですが、私自身もノーアドは好きじゃ~ない。

 

嫌いだからと言って、ノーアドの成績が良くないかと聞かれると、そうでもない(笑)

意外と一本勝負に強いです。
さて、それはなぜか?

と聞かれると、普段のプレースタイルにあるんじゃないかな?

 

ノーアドバンテージで強くなるには

もともと無理をして、スピードのあるボールを打つわけでもなく、極力自分たちのミスを抑えて、相手にミスをさせたり、チャンスボールになるショットを打たせるプレースタイル。

よって、一本勝負になっても、普段と変わらず、相手コートに返球できる可能性が高いんです。

相手コートに返球すると、ノーアドのプレッシャーからなのか、意外と相手がミスしてくれるんですよね。。。

 

ですから、同じプレースタイルをしろとはいいませんが、ノーアドでも普段と同じプレーをする方が良い。すると、相手が勝手にノーアド用のテニスをしてくれちゃったりするので、こちらにポイントが転がり込むことが多い。

 

私の経験からすると、ノーアドの一本勝負で、試合慣れしている人が、

「ココは強気!強気!」

なんて松岡修造風にいいながら、サーブを打ったりすると、けっこう、ダブルフォルトなんてする可能性が高い。

 

逆にヨワヨワの打ち方も入らなかったりするので、とにかくいつも通りがおススメですね。それが難しいと言われそうですが・・・本当にいつも通りするしかない。

こういった時に得意なコース・ショットがあると強いですよ。
サーブでもリターンでも。

相手にばれていてもそのコースに打つことで、ポイントがとれる確率は高いですからね。

 

得意なショットをつくるために

練習の時から、ここに打つのが得意なんじゃないかな?

とか一瞬でも思ったら、自分に暗示をかけちゃいましょう。ココが得意のコース」だって。で勝負のポイントが来たら、そこに打つだけ。それでもミスったりポイントが取れなければ、得意なショットで、相手のポイントになったので、自分の力がなかったと素直に認める。

 

こんな気持ちだと、なかなかノーアドも強くなりますよ^^

でも、何度も言いますが、やっぱり僕はノーアドが嫌いです。。。
粘りのテニスなので、ロングマッチがすきなんですよね。

reportbanner

コメントを残す