テニス ハーフボレーの注意点

ハーフボレーは、ボレーの中でも難易度の高いショットです。(ハーフボレーとは、ショートバウンドの様なボレーの事です。)

ミドルボレーやハイボレーでは、スライス回転のかかった伸びのあるボレーが打ちやすいです。
伸びのあるスライス回転ボレーの感覚については、こちらを参照ください。

 

では、ハーフボレーでも同じ様にスライス回転のかかった伸びのあるボレーが打てるのか?
読者さんから質問が来たので紹介します。

 

ハーフボレーでは、スライス回転のかかったボレーは打てる? 質問&回答

Nさんからの質問

ハーフボレーでは、どうやって伸びのあるスライス回転のボレーを打てますか?

man-hatena

 

abata回答

なるほど!!疑問に思う方もいますね。
私も聞いてみたい(^_^;)、

というのも、ハーフボレーでは、私の場合、無理にスライス回転をかけません。

もしかしたら、スゲー上手い人は、伸びのあるスライス回転をかけられるのかもしれませんが、とても難しいですね。

 

ハーフボレーを打たされているという事は、相手に攻撃されている状態。

自分が不利な場合が多いので、とにかく返球する事を第一とするのがセオリーですね。

 

ハーフボレーは責めのボレーではなく、どちらかというと守りのボレーなので、伸びのあるボレーを打つよりは、相手コートの深くを狙うようにすべきです。

 

ハーフボレーはどんな回転で返球する?

ハーフボレーにスライス回転をかけると、高い確率で球が浮いてしまうので、無回転のようなフラット気味のボレーを心がけます。

ハーフボレーでは、順回転(トップスピン)で返球する場合もありますね。

とにかく、守りのボレーなので、あまり勝負に出ず、ボレーが浮かないように意識するのが大事です。

 

ハーフボレーの練習法として、私がおすすめな方法があるのですが、また今度、紹介しますね。

コメントを残す