テニス バックボレーのテイクバック

前回の記事で、ボレーに関する記事を書いたところ、なかなか濃い~質問があったので、紹介しますね^^
スライス回転のかかった、伸びるバックボレーを打ちたい方からの質問です。

 

バックボレーのテイクバックについて 質問&回答

Iさんからの質問

やっぱりダブルスはボレーがうまくないと試合で勝つことができないなと痛感しています。

そこで、私が苦手なバックのボレーについて質問させてください。
フォアサイドの前衛で、相手リターンをボレーする際は、右利きなのでバックボレーが多くなります。
そのバックボレーの打球が、ポァンと浮いた球になって相手コートのサービスライン付近に返ってしまい、相手の反撃にあってしまいます。

特に、相手リターンのスピードが速いほど、ラケットの面に当てるだけが精一杯で、スライス系の伸びる深いボレーが打てません。
たまに、面の端っこに当たって勢いがなくなり、弾まず点につながることもありますが・・・。
バックボレーが、ポァンと浮かずに直線的に飛ぶようになるためには、どういうことに注意して打ったらよいでしょうか?

打つとき、左手(肘)を勢いよく引くということもありますが、その動作が間に合わないことが多いです。ラケット面の角度だけでもうまくいくものでしょうか?

相手の打球スピード(勢い)でラケットが弾かれたようになっているのかとも思い、両手打ちを試したりもしています。その場合、面がしっかり固定できるため、直線的に返球することができます。しかし、両手打ちのバックボレーだと打てる範囲が狭くなるので、不便です。

フォアボレーでも、たまにラケット準備が間に合わず、面が上向きになったまま当ててしまい、コート外にすっ飛んでいくこともありますので、同じことなのかな?とも思っています。

よいアドバイスがありましたら、よろしくお願い致します。

man-hatena

 

abata回答

バックボレーは、私の一番得意なショットです^^

バックボレーは融通の利かないショットなので、一度正しい方法を覚えてしまうと、なかなかフォーム崩れません。
速いショットにも、フォアボレーよりも瞬時に反応できるので、私は好きです。

 

さて、質問の回答ですが、ボレーのときラケットを引くというイメージがあると、速い球には間に合いません。

まずはこの感覚をなくす事が大事ですね。

引く(テイクバック)意識をしなくても、人間は不思議な事にボールを打とうとすると、ラケットを無意識に引いてしまっているものです。ですから極力ラケットを引くイメージは捨てちゃう。

 

では、どんなイメージなのか?

 

ラケットを引くのではなく、体をひねる

バックボレーのテイクバックは、引くのではなく、体の正面に準備したラケットを持って、体を捻るイメージ。
体と捻ると、テイクバックは終了です。

何??

と言う感じだと思いますが、ラケットを正面に持っている時、自然とラケットの付け根(スロート)部分を持っていますよね。
その体勢のまま、体を捻るだけ。

 

右利きだったら反時計回りに捻って、相手に背中を見せるようにします。

すると、バックハンドにボールが来ても、左手はスロートを持ったままで、既に準備完了です。このときの力加減は右手よりも左手に力が入る感じです。ささえている左手ですね。(右利きの場合)

 

いざバックボレーを打つ瞬間に左手を離します。すると左手を離した反動で、ラケットが加速し、ボールに勢いがつけられるボレーが打てます。

左手はバランスをとるように開きます。
両手広げるような形。鳥のように(笑)

 

インパクトの瞬間は、右手のグリップを3本指でギュッと握る感じ。
これでバックボレーはバッチリです。

バックボレーのポイントは、体の捻りと、左手の動き。
う~ん文章で書くのは難しいなぁ~。

reportbanner

2 Responses to “テニス バックボレーのテイクバック”

  1. 最近このページを見つけまして、拝見させていただいています。
    現在、地元のテニススクールに通っているのですが、ボレーストロークの練習の際にボレー側に立つとラリーが続かないのですが、何かコツはあるのでしょうか。
    テイクバックはコンパクトにという意識があるのですが、深くバックボレーが返りません。

    もしご存知でしたらよろしくお願いします。

    • 管理人 より:

      コメント有難うございます。

      ボレーに関するお悩みですね。
      回答が長くなってしまいそうなので、記事として掲載させてください。

      ボレーも奥が深いですよね。
      それでは、しばしお待ちください。

コメントを残す