テニス ファーストボレーの準備とコツ

ファーストボレーが安定すると、サーブアンドボレーを中心にダブルスを展開しているプレーヤーは、試合で有利になる可能性が非常に高まります。
私は、もともとボレーが得意なのですが、より試合を有利にすすめるためにファーストボレーは、良く練習しています。

さて今回は、そんなファーストボレーに関する質問が読者さんからあったので、uepon流で回答します。

 

体に近いファーストボレーの打ち方 質問&回答

Oさんからの質問

こんばんは。ueponさん。いつも楽しく拝見しております。

ぜひ、アドバイスをいただきたく、書き込ませてもらいます。

ダブルスのアドコート側でサービスダッシュをしたとき、相手リターンが、身体のタイトなフォア側(身体に近寄ってくるボール)に返球されてきた際、どのように対処されますか?

窮屈な打ち方を強いられるため、フォア・バックとも力強いボレーができず、攻められてしまいます。

man-hatena

 

 

abata回答

まず、私の場合、ファーストボレーで窮屈な打ち方になることは、あまりありません。とてつもないスピードでリターンされた時は、たま~にありますが、非常に稀です。

では何故、ファーストボレーで窮屈な状態になりにくいのか?

 

それは、ファーストボレーをする準備を確り出来ているから。
ァーストボレーの準備で大事なものってわかりますか?

それは、スプリットステップです。

スプリットステップについては、以前の記事で詳しく書いていますので、わからない場合は、まずは、こちらを確認してください。


 

スプリットステップが重要な理由

このスプリットステップがファーストボレーには重要です。

スプリットステップを踏む前、空中に浮いている状態で、ボールのコースを判断し、自分がどのように動けば、なるべく楽に正確にファーストボレーが出来るのか?
を準備するわけです。

これを一瞬で行う事で、自分の体制を整えられます。

 

確りスプリットステップで準備出来れば、窮屈な体制で打つことが少なくなります。

これが、例えば、ファーストボレーではなく、ラリーの途中でボレー&ボレー戦なんかになると、いちいちスプリットステップを踏んでいる余裕が無いので、正面のボレーも増えます。

準備に余裕がありませんからね。。。

 

これは、仕方のない事なので、正面のボレー練習が必要になるわけですね。

ファーストボレーでは、スプリットステップをして、早めに準備する意識を持つ!

これが大事です。

 

ファーストボレーが窮屈になる意外な理由

それと、もう一つファーストボレーが窮屈になる可能性としては、

「サーブが速すぎる」

可能性があります。

 

え!?

って感じかもしれませんが、サーブが速いと、相手のリターンも速くて、ファーストボレーの対処が遅れる時が増えます。

 

実は、私はある時期、サーブを速くしようと取り組みました。すると、相手のリターンのタイミングと球のスピードも速くなり、ファーストボレーの準備が遅れてしまったんですね。

結果、サーブポイントが増えても、ファーストボレーの精度がグッと下がったためにポイントが取れなくなり、試合で負け続きになっちゃいました (;^_^A

それからは、得意のボレーを生かすために、サーブに回転をかけて、サーブのスピードを調整して、自分のタイミングで、ファーストボレーをできる様にしています。

ファーストボレーをしやすいサーブのスピードを把握する!

これも大事です。

 

ファーストボレーが上達すると、簡単には試合では負けなくなります。是非、2つのポイントを意識して練習に取り組んでください (-^□^-)

回転系サーブを学ぶには最適なDVDはこちら
↓↓↓
確率&スピードを自在に操る回転系サービス

 

reportbanner

コメントを残す