テニス フォアハンドのコツ(左手が重要)

テニスのショットの中で、意外と調子を崩しやすいショットがフォアハンドストロークです。

バックハンドストロークやボレーなどと比較して、フォアハンドストロークは体の制限が無くて自由度が高いため、一番簡単そうに感じるけど安定させるのが難しいショットでもあります。

特に女子の一般テニスプレーヤーは、フォアハンドストロークよりもダブルバックハンドの方が安定しているプレーヤーが多い気がします。

そんなフォアハンドストロークを安定させるために、とても重要なチェックポイントがあるので紹介します。

 

フォアハンドストロークは、左手(非利き手)が重要

私は最近、フォアハンドの調子が悪くてどうしようもなかったです。
もともとストローク練習は、ほとんど行わないため、なかなか修正が出来ませんでした。

手っ取り早く、自分のフォアハンドの修正部分を把握しようと思って、調子の良いときの自分のビデオを見ました。
(自分の映像を時々見るのはおススメです。自分の下手さ加減が良くわかりますよ!)

tennis

 

そうすると、フォアハンドを打つ時の左手でラケットのスロートを持っている時間が、調子が良い時と比較して短かったのです。

わかりやすく、テニスの上手い錦織クンの動画をで確認してみましょう!

 

スロートを持つことで、打つ前の準備を素早く実行

 

ベースライン付近から余裕を持った状態で、フォアハンドを打っているのですが、打つ前に、結構ギリギリまで左手でスロート(ラケットの付け根の部分)を持っています。

私もなるべくスロートを長く持つようにいつも意識していたのですが、最近はそれが欠如してました。

 

スロートを利き腕では無い方で、ギリギリまで持っているメリットは、

  • 体の開きを抑えられる
  • 腰が自然とひねられる

上記2点です。

 

さらに、しっかりと肩越しにボールを見ることが出来るので安定します。
左手でスロートを持っていると、自然に腰が捻るので、打つ時にその腰を戻そうとすることで、威力のあるフォアハンドが打てちゃう。

利き腕ではないほうの手を意識してみてください。

 

初心者だからこそやってみよう

初心者の方にこれを教えたら、一瞬でフォームが美しくなったケースもあります。

私は往年の名プレーヤーであるアガシのフォアハンドを真似していたら、自然と左腕の使い方をマスターしました。アガシも左手でスロートを持つ時間が長い選手だったので。

PS:
最新のフォアハンドを動画で徹底解説!
回転量が多く威力のあるフォアハンドをマスターするには。
「実戦ワイパースイング フォアアンド編」

reportbanner

コメントを残す