テニス ボレーのコツと練習法2

前回の記事ボレー&ボレーの反響が大きかったのですが、ボレー&ボレー時に私が意識していることを紹介します。
ここを意識するとしないとでは、同じ時間ボレー&ボレーをしても、実力アップの差が大きく変わります。
【前回の記事】


ところで、ボレー&ボレーって単調な練習なので、適当に打っている人が多いと思います。ただの準備運動的な役割だと思いながらボレー&ボレーをする。

これだとあまりボレーが上手くならず、時間の無駄じゃないかなぁと思うことがあります。

 

ボレーボレーで意識していること

私は、ボレー&ボレー時には必ず

「相手に気持ちよく打たせる。」

このことを意識してます。

 

どういうことかというと、相手の打ち易い高さ、コースに打ち続ける事で、相手も打ちやすいのでボレー&ボレーが良く続き、

「自分ってボレーが上手くなっているんじゃない?」

と思ってもらうようにします。

そういった意識でボレーをすると、自分は自然と丁寧にボレーを打つようになり、無駄な動きをせずに、ボレーのコントロールが出来るようになります。

 

足を使って丁寧にコントロール

ボレー&ボレーの相手は、初心者の方ほど練習になりますね。こちらが打ちやすい場所に打っても、どこに飛んでくるかわからない(-_-;)

あっちやこっちに来たボールを、自分は相手の打ちやすい場所にまた返す。

すると相手も返せるので、自信につながる。こんな感じで丁寧ボレー&ボレーをすると、とにかく疲れるのは、足です。
足が疲れたら、丁寧に返せている証拠だと思って良いです。ボレーって実は足がつかれるショットなんですね^^

 

ボレー&ボレーの相手に

「自分はボレーが上手くなったんじゃない?」

と言わせたら完璧です。心の中で、「こっちが苦労してんだよ」とつぶやいてください(笑)

心の中でですよ!!

【当ブログ1位のダブルス上達法でもボレー&ボレーを重要視しています】

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」

コメントを残す