テニス ボレーのコツと練習法3

ボレーは大好きなので、またまたボレーの話をしちゃおうと思います。

ボレー&ボレーについては、その重要性について話してきましたが、今度はもう一つのおすすめボレー練習法である壁打ちボレーについて紹介します。
【前回の記事はこちら】

 

壁打ちのメリット

壁打ちは、前にも話をしたことがあるのですが、

  1. 打ったボールは100%返ってくる
  2. 短時間でボールを数多く打てる
  3. 自分の都合の良い時に出来る(相手の都合は考えなくて良い)

こんなメリットがあります。

壁

 

ボレー練習は、壁打ちでも出来る

壁打ちでの練習をイメージすると、ストローク練習だけやっている人がほとんどです。中にはサーブ、スマッシュ練習をしている人は少数いますが、ボレーは皆無に近い!

 

そんな私も、はじめはストロークばかりしかやっていなかったのですが、ある日試合に出場したときの対戦相手が、異常にボレーが上手かったので、試合でコテンパンに負けた後(-_-;)、どんな練習をしているかを聞いてみたら

「壁打ちボレー」

と教えてくれました。

 

実際やってみると、特にローボレー、ハーフボレー、サーブ&ボレーのファーストボレーの練習には最適でした。ほとんどの人が取り入れていない練習をしたので、他の人と比べて、ボレーの上達スピードは増しました。

「壁」恐るべし。

とにかく、打ったボレーがすぐに壁から戻ってくるので、無駄なテイクバックは一切なくなります!そして、ボレーの準備が早くなる。

 

はじめは難しくてうまくいかないもの

これから、はじめて壁打ちボレーに挑戦すると、最初は100%上手くいきません(^^ゞ

続かないんです。でも、諦めずに続けてくださいね。きっとコツが掴めますから。コツがつかめれば、自然とボレーも上達します!

私ではないのですが、壁打ちボレーのとっても参考になる動画がありました。
私の場合、もうちょっと膝を曲げて低い姿勢でボレーをするのですが、練習イメージとしては、ほぼ同じように練習していますよ。

【 壁打ちボレーの動画 】

PS:
スピード感のあるボレーをマスターしたいのなら、このボレーDVD上達法でパワーアップ
スピードと決定力のあるボレーを打つ方法

コメントを残す