テニス ボレーの打ち方で重要なイメージ

毎日、地道な練習をしていますでしょうか?

毎日ラケットを握るだけでもテニスの感覚を忘れないので、練習になりますよ。地道な練習といえば、元世界トップランカーの杉山愛さん。

 

サーブに苦手意識があり、トスが安定しなかったので、以前、座布団をひいて正座しながら毎日トスを家の中で上げていたそうです。

稼動できる範囲を限定しての練習は効果的なので、早速、私もやってみましたが、効果がありますよ。私は飽きっぽいので続きませんでしたが (;^_^A

 

さて、ボレーでの重要なポイントとしてミスをしない事が上げられます。

ボレーでミスをしないためには、余計なテイクバックをしない。でもテイクバックをしないでボールに勢いをつけないと相手コートで失速してしまう。

「ではどうするか?」

というと、「足」ですね。

 

足で確りと重心を確保して、踏み込みの力加減で距離とスピードを調整するようなイメージです。

プリント

 

これは私のイメージですが、常にボレーはテイクバックを極力減らし、距離の長さはフォロースルーの大きさで決める。

あくまでイメージですが、このイメージでボレーが成長しました。

 

深いボールを打ちたいときは、ボレーのフォロースルーは長く、短い球を打ちたいときは、フォロースルーを短く、アングルボレー(角度だけつけたいボレー)の時は、フォロースルーはゼロ。

当然全てのテイクバックは極力減らす。

こんなイメージを持つと、余計な動きが減ってミスが減ると思いますよ。イメージを描くのは、どのスポーツでも大事ですからね。

コメントを残す