テニス ポーチボレーで決めるためのセオリー

前回は、ポーチをするためのサービスのコースについて、記事を書きました。
コースを狙わずに漠然とサーブを打っているだけでは、ダブルスは上達しません。

まずは、サーブは必ずコースを狙うように意識しましょう。

前回の記事はこちら。

それでは、サーブでは無く、ポーチボレーで決めるためにラリー中には、どこを狙うべきなのか?

良く、ダブルスではセンターセオリーって言葉があるんですが、これは、ただ単に「安全に真ん中に返す」ってことではありません。

 

センターに打つ目的

相手のセンターに打ったボールは、ショートクロスやサイドを抜くようなショットが打ちづらいので、自分たちがセンターを中心に守りやすくなります。

また、センターに打つと、相手のペア同士がお見合いをして、譲りあうなんて事もありますからね。

で、ここまで説明したとおり、相手のセンターに打つと、角度をつけづらい。

つまり、相手のショットもセンターに来る可能性が高まるって事です。
するとセンターを意識してのポーチボレーがしやすいですよね。

 

相手の状況を見て、ポーチボレーを狙う

但し、相手のセンターに打ったからと言って、全てポーチに行っていたらバレバレ。

相手のセンターに打ったボールが、ネット越しに左側のプレーヤー(ジュースサイド)のバックに食い込み気味に打てた場合。食い込んだ状態から、ストレートに持っていくのは、なかなか難しい。

確率論から逆クロスか、センター気味に打ってしまうことが多いので、この場合はポーチに行く。

 

または、バックのスライスショットの構えをしたとき、ロブの可能性はあるが、もしロブを打たれても、自分のペアが取れると判断して、ポーチに行く。

理由は、スライスで速いショットは打ちづらいので、ギャンブルしてストレートへのパッシングショットは、確率が低いから。

 

ネット越しに右側のプレーヤー(アドサイド)の場合、右利きだと融通の利くフォアハンドになるので、注意が必要。

フォアハンドの構えが遅れ気味の場合、いわゆるフリ遅れ気味だと、ストレートのパッシングは打ちづらい。よって、ポーチに出る。

こんな感じで、相手のセンターへ特に深くボールを打てた場合は、ポーチのチャンスを伺いましょう。

 

相手にプレッシャーをかける

あとは、読みも大事ですが、思い切りも大事です。もしポーチが1本決められなくても、2本決めればよいので、1回の失敗で恐れない事。

ポーチに出てくるのがバレバレのプレーヤーっていますが、わかっていても意外と嫌なもんですよね!どうですか?私は嫌です(-_-;)

バレバレまでやるのはどうかと思いますが、
「ポーチに出るかもしれない」

というプレッシャーは、かけ続けるのが、ダブルスでは大事です。失敗を恐れずに、行ける!とおもったら、ポーチです。

PS:
ポーチの達人を目指すならこの動画上達法
↓↓↓
ダブルスを勝ち続けるための絶対戦術フルセットコース

reportbanner

コメントを残す